Prev / Next / カメ太の日記

ISSEP2008[infoedu][unplugged][dolittle]

2008-07-06

issep2008 issep2008 issep2008 issep2008
情報教育に関する国際会議であるISSEP2008は、ポーランドのトルンで行なわれました。


会場がわかりづらく、私たちは市内でさんざん迷ったあげく、なんとか会場にたどり着きました。参加者は24カ国から集まっていたようです。会場でもらったバッグと論文集など資料一式。会場のドアの上には2進数のマークがありました。

issep2008 issep2008 issep2008 issep2008
鎌田先生はドリトルのロボット制御を発表してくれました。井戸坂先生はドリトルの教育効果を発表してくれました。中学校の先生が海外で発表するのはすごいことですよね。紅林先生はFred Martinさんの司会で、制御の体験から子どもが学べることを発表しました。中野先生は日本の高校での情報教育の現状を紹介しました。回覧した教科書は参加者の興味を引いていました。

issep2008 issep2008 issep2008 issep2008
最終日は午前に私が司会をしたセッションの後、昼休みに休憩室にビニールシートを敷いて、ゲリラ的にアンプラグドを実演してしまいました。写真をよく見ると、ポーランド、オーストリア、イスラエルなどの偉い教授たちに無理やり参加させたのですね。:-) 続く午後の発表では、私と井戸坂先生が実演をお手伝いして、西田先生がアンプラグドを紹介しました。ヨーロッパではあまり知られていなかったこともあり、話題を呼んでいました。

振り返ってみると、今回のISSEPへの参加はとても有意義でした。特にアンプラグドをヨーロッパを中心とした研究者に紹介できた意味は大きかったのではないでしょうか。個人的には、昼食を兼ねた役員会に参加させてもらい、中核メンバーと挨拶できたのが大きかったです。次回は2010年1月にスイスで行なうことが決まりました。楽しみです。

permlink