カメ太の日記 / 2008-09

前の月 / 次の月 / 最新

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2008-09-27 Sat

北海道 [trip]

hokkaido hokkaido hokkaido hokkaido
別の用事ができたため、沖縄から北海道に向かいました。30度の世界から10度の世界への移動です。

続きを読む

2008-09-25 Thu

沖縄 [trip]

okinawa okinawa okinawa
仕事で沖縄に行きました。

続きを読む

2008-09-20 Sat

ドリトルで学ぶプログラミング [infoedu][dolittle]

「ドリトルで学ぶプログラミング」兼宗進・久野靖、イーテキスト研究所

ドリトルの初めての本が出版されました。グラフィックス、ゲーム、音楽演奏、ネットワーク通信、ロボット制御など、プログラミングを独習したり授業で使える題材がたくさん紹介されています。
前半では、説明を読みながらサンプルプログラムを入力して行けば、自然とプログラムの作り方が理解できるようになっています。後半では、文法の解説や命令の一覧が掲載されています。
この本は、読み始めたその日からプログラムを書けるようになっているのが特徴です。5ページ目で早くもメソッド定義が出てきますので、すぐに自分の命令を作れるようになります。他の言語だと難しいですよね。
パックマンのように落ちている宝物を拾って歩くプログラムは30分程度で学べます。中学校や高校で「ゲームなどのソフトはこんなふうに作られているんだ」という体験に最適だと思います。

出版に際しては、共著者の久野先生、TeXの組版をお手伝いいただいた奥村先生、出版にご尽力いただいたイーテキスト研究所の原社長、校正を担当してくれた高麗大学の青木さんをはじめ、多くの方にご協力いただきました。感謝いたします。

2008-09-16 Tue

松本歯科大 [infoedu][dolittle]

mdu
6月と9月に1回ずつ、情報入門の授業でお話しさせていただきました。倫理がテーマなのですが、今回の後半はドリトルで簡単なプログラムを作ってもらうことで、「ウィルスも誰かが作ったプログラム」ということを体験してもらいました。
私は学生さんの知識や理解度に合わせて内容をがらっと変える授業をしますので、初対面の6月は手探りで苦労しました。今回はだいたいわかっていたため、「十分理解できるが少しだけ難しい」授業ができたと思います。

2008-09-15 Mon

Spysee [infoedu]

spysee
身近でSpyseeという人物サイトがはやっています。自分の名前を入れたところ、Webの人間相関図が表示されました。当たっているような、そうでもないような気もしますが、Webからこのような知識発掘を行なうのは楽しそうだなあ、と思ってしまいました。

2008-09-02 Tue

卵RUNフォーラム [infoedu][unplugged]

runrun
JSiSE関西支部 若手研究者 卵RUNフォーラムでアンプラグドを紹介しました。参加者全員に「2章 画像表現」を体験してもらいました。時間が短いのでマス目は10x10にしました。その中で描ける絵のサンプル...としていくつかの絵を考えてみました。ブタの顔は輪郭を描けなくて残念!

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS