カメ太の日記 / 2009-01

前の月 / 次の月 / 最新

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2009-01-31 Sat

増殖シミュレーション [dolittle]

life

オブジェクト同士が衝突したときに分裂するシミュレーションです。
・緑色と黄色がいる
・成熟するまでは何も起きない
・衝突すると3個が誕生し、元の2個は消滅する
・寿命が来ると消える

ほとんどの場合はすぐに全滅しますが、10回に1回くらい増殖します。

// パラメータ
成熟=16。
寿命=50。

// すべてのカメの性質を定義 (1:メス、2:オス)
タートル:誕生=「
  年齢=1。性別=乱数(2)。
  「性別==1」!なら「自分!"ayumiKiiro.gif" 変身する」そうでなければ「自分!"ayumi.gif" 変身する」実行。
  時計=タイマー!作る「自分!動く 成長」実行。
」。
タートル:動く=「自分!(乱数(180)-90)右回り 10 歩く」。
タートル:成長=「
  年齢=年齢+1。
  「年齢>=:寿命」!なら「自分!消滅」実行
」。
タートル:消滅=「時計!中断。自分!消える」。
タートル:衝突=「|相手|
  「全部!(性別==1)(相手:性別!=性別)(相手:年齢>=:成熟)(年齢>=:成熟)本当」!なら「
    自分!作る 誕生。自分!作る 誕生。自分!作る 誕生。
    自分!消滅。相手!消滅。
  」実行。
」。
タートル!ペンなし。

// 最初の10匹
タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。
タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。タートル!作る 誕生。


ドリトル掲示板 [dolittle]

掲示板を作りました。お気軽に質問などを書き込んでください。

2009-01-30 Fri

叙勲のお祝い会 [infoedu]

kakehi kakehi

今日は早稲田大学 筧捷彦先生の藍綬褒章受賞のお祝い会がありました。
情報関係のJIS規格への貢献によるものですが、情報教育関係への貢献も
計り知れないものがあります。多くの方々がお祝いに駆けつけていました。

2009-01-29 Thu

今日のご近所さん [photo]

rail fuji gas

昨日は大阪府立大学で授業改善と研究紹介のお話をさせていただきました。
頭の中がクリア(明晰)な方々といっしょにいると、とても刺激になります。
めずらしく写真は撮りませんでした。

大阪に宿泊して帰り道にふと下を見ると、線路が落ちていました。ポイン
ト切替機付きです。一瞬、拾って帰りたくなりました。新幹線からは富士
山がくっきり見えました。家の近所のガソリンスタンドでは、セルフ給油
の給油機をメンテナンス作業をしていました。火気厳禁の作業ですね。

「1時間で学ぶソフトウェアの仕組み」の拡張例 [dolittle][infoedu]

1時間で学ぶソフトウェアの仕組みのプログラムを、宝物を全部拾ったら
終了するように拡張したい」という質問をいただきましたので、サンプル
を書いておきます。1/12のプログラムの応用です。

1つ目は、画面に宝物の数を表示して、拾うたびに減らしていく方法です。
まず、残りの数を表示する「得点」というフィールドを作り、宝物の数を
入れておきます。宝物の数を変えたときは、この数字も変えてください。

得点=フィールド!作る 3 書く。

そして、自分の値を1減らす「カウント」というメソッドを定義します。こ
の中で、値が0になったときは「おめでとう!」というメッセージを表示し
て、タイマー(時計)を中断するようにしておきます。

得点:カウント=「自分!((自分!読む)−1)書く。「(得点!読む)<=0」!なら「ラベル!"クリア!"作る。時計!中断」実行」。

そして、カメ太の「衝突」のメソッドを、衝突したときに相手を消すこと
に加えて、得点をカウントダウンするように修正します。

かめた:衝突=「|相手| 相手!消える。得点!カウント」。

プログラムをまとめると、次のようになります。最後の3行が修正と追加を
した部分です。

かめた=タートル!作る。
左ボタン=ボタン!"左" 作る。
左ボタン:動作=「かめた!30 左回り」。
右ボタン=ボタン!"右" 作る。
右ボタン:動作=「かめた!30 右回り」。
時計=タイマー!作る。
時計!「かめた!10 歩く」実行。
タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 100 位置。
タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 -100 位置。
タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし -100 100 位置。
かめた:衝突=「|相手| 相手!消える。得点!カウント」。

得点=フィールド!作る 3 書く。
得点:カウント=「自分!((自分!読む)−1)書く。「(得点!読む)<=0」!なら「ラベル!"クリア!"作る。時計!中断」実行」。





別解としては、宝物を配列に入れておき、衝突するたびに配列から削除し
て、配列が空になったら「おめでとう!」というメッセージを表示して、
タイマー(時計)を中断する方法もあります。宝物の数を設定しなくても
済む利点はありますが、プログラムはわかりにくいかもしれません。あと、
画面に宝物の数が表示されません。

まず、配列を作ります。

宝物たち=配列!作る。

続いて、宝物を作り、配列に入れます。

宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 100 位置)書く。
宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 -100 位置)書く。
宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし -100 100 位置)書く。

そして、衝突したときに配列から削除して、配列が空になったときの処理
を記述します。

かめた:衝突=「|相手| 相手!消える。宝物たち!(相手)消す。「(宝物たち!要素数?)<=0」!なら「ラベル!"クリア!"作る。時計!中断」実行」。

プログラムをまとめると、次のようになります。最後の5行が修正した部分
です。

かめた=タートル!作る。
左ボタン=ボタン!"左" "LEFT"作る。
左ボタン:動作=「かめた!30 左回り」。
右ボタン=ボタン!"右" "RIGHT"作る。
右ボタン:動作=「かめた!30 右回り」。
時計=タイマー!作る。
時計!「かめた!10 歩く」実行。
宝物たち=配列!作る。
宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 100 位置)書く。
宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし 100 -100 位置)書く。
宝物たち!(タートル!作る "tulip.png" 変身する ペンなし -100 100 位置)書く。
かめた:衝突=「|相手| 相手!消える。宝物たち!(相手)消す。「(宝物たち!要素数?)<=0」!なら「ラベル!"クリア!"作る。時計!中断」実行」。


2009-01-28 Wed

「1時間で学ぶソフトウェアの仕組み」の実践 [dolittle][infoedu]

11/6にこのBlogでご紹介した1時間で学ぶソフトウェアの仕組みは、静かな
盛り上がりを見せているようです。最近もいくつかのBlogで取り上げていた
だきました。

(昨年の実践報告)
・1時間でやってみたソフトウェアのしくみ(2008/11/21 情報科Blog)

動き始めると、「おぉ〜っ!」「わぁ!」などの声がいろいろなところから聞こえてきます。
最後に感想や自己評価をしっかり取りたかったのですが、熱中してなかなかやめてくれない生徒が数多くいました。
準備はドリトルが動くブラウザがあればOKです。共有フォルダにドリトルを置いて配布しても良いでしょう。スライドは使ってもらってかまいませんので、ぜひ一度やってみてください。

・ドリトル、恐るべし!(2008/11/28 情報科メモ帳)

な、なんとクラス全員が授業が、とても楽しかった、楽しかったと回答しています。(楽しくなかった生徒は一人もいなかったのです)


(今年の実践報告)
・ドリトル、マジ半端ねぇ(2008/1/9 ありおり。 (日記))

名刺作成などは、かなり「受け」が良い授業なワケですが、本日行った授業は、それ以上に好評でした。

・ドリトルで学ぶソフトウェアのしくみの授業(2009/1/26 ネットで教科「情報」日記)
・ドリトルで学ぶソフトウェアのしくみ~スライド編(2009/1/29 ネットで教科「情報」日記)

「わかった」「楽しかった」「やってみたい」のオンパレード!ドリトル、凄いです!
スライドは、こちらにおいてありますので、ご自由にどうぞ。

2009-01-27 Tue

新課程に対応した「情報科教育法」の教科書(2) [infoedu][unplugged][dolittle]

さっそく奥村先生のBlogで紹介していただきました。あるサイトに、チラシ
の間違いクイズが掲載されています。みなさんは発見できましたか?

Windowsユーザは大変 [life]

「実家のPCが不調」という連絡を受けて、昨晩車で見に行きました。
マシンはHPのNX6125。「懐かしい」と思い調べたら2005年発売ですね。
画面が「1400x1050」と大きかったため、「これなら数年使えるだろう」と
勧めた記憶があります。CPUは次世代(64bit)のTurion。誰も知りませんね。(^_^;

メールの問題はすぐに解決したのですが、OSは私が1年前に見たときから
何もしていなかったらしく、
・無料のウィルス対策ソフト(Avast!)のライセンスが切れていた
→Webで更新を手続きして設定
・Windowsアップデートがなされていなかった
→実行しては再起動の繰り返し。4回くらいリブートしたかも(涙)
・ついでにJavaもアップデート
という作業が必要になりました。

以前、管理者アカウントで使ったときに誤操作でシステムファイルを消し
てしまったことがあったため、制限ユーザで使ってもらっていたのですが、
そうするといろいろな更新設定が行えなかったようです。

しかし、使いづらいOSというか、きちんと管理しようとすると、さまざま
な障害を乗り越える必要がありますね。とても素人には管理できないとい
う結論です。今回も説明は諦めて、すべてこちらで作業してしまいました。
次に不調になったらMacに乗り換えてもらいましょうかね。写真が趣味のた
め、iPhotoを見せたら興味を示してくれました。

2009-01-26 Mon

授業写真集 [infoedu][unplugged]

tie08album

学生が意欲的に進めてくれたので、ある授業の写真集を作ってみました。
・大きさと写真の印刷を確認するために、12月に小と中を試し注文
・1/4と1/10に届いたサンプルを確認して注文
・1/24に到着、大学宛に発送
・1/26に配布

好評だったようで、まずはひと安心です。受講生に4年生がいたので、この
授業は卒業認定のために早めに成績を出す予定です。学生が作ったアンプ
ラグドの教材は、近日中に何らかの形で公開したいと考えています。

2009-01-25 Sun

電報の送り方メモ [life]

ある方の祝賀会用に、NTT東日本のサイトから電報を送ってみました。
また使うときのためにメモしておきます。
・会場のホテルなどに前日までに着くように送ろう
・文面は定型文を選択後、送る前に編集すると楽
・差出人は所属と氏名を自由記述。他人の代理でも送れる
・基本料金は1,500円程度
・印刷する台紙は、キャラクタ商品のお祝い付きなど、画面に高額なもの
しか出て来ないので注意。というか、高額すぎてそのまま選ぶ人はいない
ような。普通の封筒は無料(0円)で用意されている。見づらいリンクを探し
てクリックすると、500円から2,000円程度の刺繍台紙なども選べる
・支払いはカードが使える

結果的に、すべてオンラインで行えてすばらしかったのですが、台紙の選
択などが露骨に高価なものに誘導されていて、少し驚きました。普通のオ
ンラインショップでも同様なことはありますが、あくまでも「さりげなく」
が基本ですよね。半官半民というか、以前「官」だったところは、力の加
減がわからないのかもしれません。その意味で新鮮でした。

2009-01-24 Sat

北大から帰宅 [trip]

kameta3d

1/22に書き忘れましたが、高麗大学で作られたドリトルテキストの表紙に
は、カメ太の3次元画像が描かれていました。

kameta3d

私のWebページに載せているカメ太をトレースしてくれたのでしょうか。
嬉しくなりました。

東横インは「壁の外がとなりのビル」という確率が高いのですが、部屋が
湿気ていることはほとんどありませんね。逆に、乾燥で気管を痛めたよう
で、「呼吸のたびに痛い〜」と思いながら駅まで歩きました。部屋の加湿
器を使えばよかったです。最終日の朝、バスルームのスイッチを入れると、
電球が一瞬輝いた後に暗黒に戻りました。めずらしい体験です。

sapporo1

帰りは新千歳空港で「さっぽろラーメン」。めずらしく餃子なし。透明感
のあるスープですが、中央に味噌の固まりがあって、溶かして食べます。
うまー。この店はおばちゃんたちが気持ちよく働いている雰囲気があって、
居心地がいいです。場所柄、海外からの観光客も多いのですが、質問され
ると筆談や知っている単語を駆使して、食材などを説明しているようです。

sapporo1 sapporo1

頼まれていた「とうきびチョコ」といっしょに、となりにあった「焼きト
ウモロコシ味」と「じゃがいも味」のキットカットを買ってみました。

2009-01-23 Fri

北大2日目 [trip][unplugged]

今日も北大で打ち合わせです。

sapporo2 sapporo3 sapporo4

天気は雨。1月に雪でないのはめずらしいそうです。

sapporo12 sapporo5

李先生の講演会にお邪魔しました。以前、近隣の先生方向けのドリトルと
アンプラグドの講習会をやった部屋ですね。懐かしかったです。続いて岡
部先生たちとランチ。空には虹が見えました。

sapporo9 sapporo10 sapporo11

午後は布施先生に大学の授業で使ったアンプラグドの2進カードを見せてい
ただきました。これは2桁の小数点カード。ちゃんと黒丸も1/2, 1/4になっ
ています!

sapporo7 sapporo8

これは3進カード。紙の裏表では足りないため、3枚の紙をめくる方式にし
たそうです。写真は120ですね。なるほど〜、と感心してしまいました。

その後もお時間をいただき、情報交換ができました。おかげさまで12月に
引き続き、充実した出張になっています。

新課程に対応した「情報科教育法」の教科書 [infoedu][unplugged][dolittle]

オーム社から新課程に対応したテキストが発売されることになりました。
詳しくは監修者のBlogをご覧ください。ドリトルやアンプラグドも紹介され
ています。

2009-01-22 Thu

北大 [trip]

北大で打ち合わせです。

sapporo1 sapporo2

大学内の保育園では子どもたちが雪遊びをしていました。園庭には雪山が
あって、ソリ遊びも楽しそうです。

sapporo3 sapporo4

打ち合わせの様子。高麗大学で作った小学生用のプログラミングテキスト
を見せてもらいました。ドリトル、スクラッチ、スクイーク、パズルの4冊
です。

sapporo5

長靴(ブーツ)用の下駄箱がありました。

sapporo6 sapporo7 sapporo8

夜は地元料理の店へ。10席のカウンターです。写真はほっけの煮付け。
有意義な一日でした。

2009-01-21 Wed

Linuxのネットブック(2) [life]

時間がなくてほとんど使えていません。1/17に書き忘れたことをメモして
おきます。
・日本語変換はCtrl-Spaceでon/off
・画面の輝度を変える方法は不明(困りませんが)

dell1 dell2

他のPCと併用する人はキーボードの配置で困るかも。一部のキーの形状が
特殊です。狭いスペースに矢印キーを入れているおかげで、Mの右隣の3個
のキーが、「2/3」くらいの幅になっています。右は普段使っている
MacBookのキーボードです。いつものように「L」の右下にあるはずの「.」
を入力しようとすると、「/」が入ってしまいます。そして、「;」の右下
の「/」を入力しようとすると、「Shift」が押されてしまい、文字が入り
ません。(T_T)

これでは困りますので、時間のあるときに次のように設定を変えようと考
えています。
・「/」キーを「.」にする。(「.」が2個並ぶことになる)
・「Shift」キーを「/」にする。(右シフトは使わないので潰す)

キーボードの問題を除けば、なかなかいいマシンだと思いました。

ネットワークは有線・無線とも快調です。複数のアンテナを切り替える方
法は調べる必要がありそうです。

コメントSPAM対策 [system]

「仮名を含む日本語5文字連続」にしました。

2009-01-20 Tue

今日のご近所さん [photo]

urawa urawa urawa

正確には1/16(金)のご近所さんです。なぜかカメラを2台持って移動してい
ました(ケータイを入れると3台^^;)。電車の待ち時間に試し撮り。最初の
2枚は普通のデジカメ(F30)で、3枚目は12/27の250mmレンズです。はるか彼
方の建物が、ビル名が読めるほど近くになります。ただ、空の色はくすん
でしまうようですね。F30が華やかすぎるのかな。

urawa urawa

ちょうど上空をセスナが飛んでいきました。オートフォーカスだと、こう
いう場面でフレームに集中できるので助かります。逆に、手前に何かがあ
ると、列車でなく電柱に合ってしまったりしますね。失敗例です。(^^

コメントSPAM対策状況 [system]

コメントSPAMは2ヵ月ですり抜け4件目。この10日間で3件です。
(11/12設定、12/28,1/11,1/17,1/20すり抜け) 攻撃が激しくなっているの
でしょうか。とりあえず「日本語3文字連続」を「日本語5文字連続」にし
ましたが、さてどこまで効果があるでしょうか。

2009-01-19 Mon

Windows7でドリトル [dolittle]

windows7

Windows7のβ版の上でドリトルを動かしてみました。MacBook上の仮想
マシン(SunのVirtualBox)で動いています。
1) MSのサイトからβ版のISOイメージをダウンロード
2) VirtualBoxでインストール。メモリは1GBにしました
3) Windows7を起動後、JavaをSunのサイトからインストール
4) ドリトル(V2.00)をダウンロードしてdolittle.jarをクリック

Vistaの印象から「1GBで大丈夫かな?」と考えましたが、実際にはVM上と
は思えないほどサクサク動いています。軽くなった印象です。

今までWindowsでテストするときは別のパソコンを引っぱり出してきて使っ
ていましたが、いつも使っているMacの上で、VMを含めて無料でWindowsが
使えるようになってしまいました。テストのときしか使いませんが便利です。

2009-01-18 Sun

Linuxでドリトル [dolittle]

ubuntu8

昨日のLinuxネットブックでドリトルを起動してみました。フォントも美し
く、よく見ないとWindowsの画面と見分けがつきません。十分に実用になり
そうです。

2009-01-17 Sat

Linuxのネットブック(1) [life]

dell

研究用に小型ノートPC(いわゆるNetbook)を入手しました。Dellの
Inspiron Mini 12のLinuxモデルです。CPUはATOM(1.33GHz)、メモリは1GB、
ハードディスクは80GB(後述)、画面は1280x800、OSはUbuntu8.04です。

Webからカスタマイズして購入できます。
DellのInspironのページで、左側の「Ubuntu」というOSを選ぶ。
・「Inspiron Mini 12 ベーシックパッケージ(Ubuntu対応)」49,800円の「カスタマイズ」を選ぶ。
・私は次のようにカスタマイズしました。
-ハードディスク: 80GB (+4,750円)
-キーボード: 英語 (+0円)
-バッテリ: 6セル (+4,200円)

そうすると、英語キーボードでLinux(Ubuntu8.04)を使える小型PCが6万円
で手に入ります。帰りの電車などで観察したところ、バッテリーは5時間程
度使えそうな雰囲気でした。MacBookと大きさは変わりませんが、重さは半
分以下に思えます。

最初からLinuxですので、設定変更は少なくてすみました。
・CtrlキーとCapsLockキーの入れ替え。
・自動ログインの設定を取り消し。

ここまでは順調。数日使ってみて、気付いた点を追記したいと思います。

RSSを修正 [system]

RSSから本文を読もうとしたときにエラーになる現象を修正しました。(_ _)
コメントSPAMは2ヵ月ですり抜け3件目。(11/12設定、12/28,1/11,1/17すり抜け)

2009-01-16 Fri

今日のご近所さん [photo]

jr jr

朝、駅のホームに行くと足下に付箋紙が。よく見ると「ハンコ持って帰る」
だそうです。誰かの落とし物かなあ。忘れずに持って帰れたでしょうか。

jr

JR国立駅は、無事に下りホームが高架になっていました。1/9の真ん中で封
鎖されていた写真の階段です。

「もうひとつのドリトル」発表(追記) [dolittle]

namki

1/14の並木先生の発表では、箱根から小金井の研究室に置かれたこの基板
と通信していたそうです。C言語で書いたドリトルの中間言語インタプリ
タ(VM)が移植されています。雑誌の付録の基板に「Webサーバー、ドリトル
インタプリタ、温度センサ、加速度センサ、ネットワーク」が載ってしま
うのですから、感心してしまいます。左側の水色の線はネットワークケー
ブルです。

2009-01-15 Thu

親ガメ子ガメのお絵描き [dolittle]

cho1 cho2

一橋大学の長先生の発表では、大学での「ドリトルを使ってフラクタル図
形を描く授業」が報告されました。子ガメは姿だけでなく歩く距離も小さ
くなるそうです。学生たちの作品は不思議な図形が描かれていました。

3歳から使えるプログラミング環境 [infoedu][dolittle]

harada1

NTTの原田さんの発表では、ビスケット(絵で動作を示すプログラミング環
境)の新バージョンと、いろいろな子ども向けワークショップで使った経験
を報告してくれました。いちばん小さい子どもは3歳でキャラクタの動きを
定義できていたそうです。

小学校高学年以上は文字を入力できるのでドリトルなどでプログラムを書
けますが、それより小さな子どもにはビジュアル的な環境は有効だと思い
ます。ビスケットは2つの円にキャラクタを置くことでルールを定義します。
画面にはそれほど多くのルールを置くスペースがありませんので、高校生
や大学生も、俳句のように研ぎすまされた短い表現を楽しめると思います。

2009-01-14 Wed

「もうひとつのドリトル」発表 [dolittle][infoedu]

hakone1 hakone1

今日は記念すべき第50回のプログラミングシンポジウムで、農工大の並木
先生による「もうひとつのドリトル」(μDolittle)の発表が行われました。
すでに10種類近くの組込用CPUで動作しています。発表では、会場のネット
ワークから農工大の研究室に置いてあるワンチップボードにhttpの通信を
行い、写真のようにプログラムのリモート実行や温度計測などを行ってく
れました。ドリトルにとってひとつの記念日です。

2009-01-13 Tue

箱根へ [infoedu]

hakone1 hakone1 hakone1

ロマンスカーでのんびり向かいました。山がどんどん近くなってきます。

hakone1

外に出ると、さすがに冷え込んでいました。震えながらバスを待ちます。

hakone1

無事に到着しました。3人部屋でとても快適です。

2009-01-12 Mon

得点のカウントダウン [dolittle]

countdown

ポイントをカウントダウンしていき、0点になったら終了するプログラム例です。

// 得点のカウントダウン。
// 得点フィールドに「加算」という命令を定義している。
// 衝突したときに得点を減算する。0点になるとメッセージを出して終了する。

得点=フィールド!作る 10 書く 0 100 位置(水色)塗る。
得点:カウント=「自分!((自分!読む)−1)書く。「(得点!読む)<=0」!なら「ラベル!"終了"作る。時計!中断」実行」。

「|n| タートル!作る ペンなし "tulip.png" 変身する(n * 45 - 350)0 位置」!15 繰り返す。

かめた=タートル!作る ペンなし -370 0 位置。
かめた:衝突=「|相手| 相手!消える。得点!カウント」。
時計=タイマー!作る「かめた!10 歩く」実行。

2009-01-11 Sun

外部MIDI対応 [dolittle]

ドリトルの音楽機能はMIDIを使って演奏しています。標準ではJavaのソフ
トウェア音源(楽器の音を演奏するための音の素材データ)を利用しますが、
「外部の専用の音源で演奏したい」という声をいただいたため、現在対応
できるようにドリトルのプログラムを修正しています。

Roland SD-20C STUDIO Canvas

まず、外部音源を入手しました。ローランド(Edirol)のSD-20です。

sd20

セットアップは多少試行錯誤が必要でした。まず、開発機のMacBookにドラ
イバをインストールしUSBで接続します。しかし、ドリトルからデバイスが
検出できません。原因は2つありました。追加の設定とJavaの問題です。

まず、SD-20をMacに接続した後は設定が必要でした。でも付属の冊子マニュ
アルには記述がありません。たまたま「付属CDのドライバが古いのなか?」
と考えてダウンロードしたドライバの説明書(PDF)を見て気付きました。

audio

Mac標準のツールである「アプリケーション/ユーティリティ/Audio MIDI
設定」を起動し、検出されたSD-20からデバイスを3個追加しました。Macの
ツールはおしゃれですよね。右上のSD-20のアイコンから、下に追加した3
個のアイコンに曲線で入出力を接続するのは楽しかったです。この画面か
らは動作を確認できるため、正しく接続されたことを確認できました。

しかし、Macからは見えるようになったはずなのに、ドリトルからは見えま
せん。さんざん調べた結果「MacのJavaからは外部のMIDI装置が見えないの
が仕様」らしいことがわかりました。これはどこにも記述がないため、偶
然どこかのサイトで見かけなければ気付かないところでした。解決策は唯一、
Mandolaneという$5のシェアウェアを使うしかないようです。

midi

そんなわけで思わぬところで時間を取られましたが、何とか無事にドリト
ルから外部のMIDI装置を使って演奏できるようになりました。これは装置
を選ぶダイアログです。確かに、専用の装置は音がいいですね。本物の楽
器が演奏しているような臨場感です。次のリリースに含めたいと思います。

今回、JavaからMIDIを扱うときに参考にしたサイトをメモしておきます。
JavaでMIDI
Java Sound Resources: FAQ: MIDI Programming

(追記)
recordPlayer

ある先生から、高校生の作品プログラムを送っていただきました。曲を選
ぶと、レコードプレーヤーがぐるぐる回りながら音楽を演奏します。ちょ
うど外部装置に対応したところでしたので、生演奏と区別がつかないよう
なよい音質で楽しむことができました。力作をありがとうございます。

三洋電機とトニーブラウン [rugby]

しばらく海外ラグビーばかり見ていましたが、トップクラスの選手が日本
に来てプレーすることが多くなり、彼らを見たさに国内の社会人ラグビー
(トップリーグ)も見ています。特にトニーブラウンのいる三洋はいいチー
ムですね。スタンドオフ(フライハーフ)という要のポジションが、この
2,3ヵ月で怪我のために「ブラウン→入江→トゥキリ」と代り、今日のトヨ
タ戦は開始早々にトゥキリが負傷退場というアクシデント。それでも若手
が突然の代役を務めて3-17の劣勢から逆転して27-17で勝ってしまうところ
は信じられないくらいです。

解説記事を読むと、ハーフタイムにブラウンからのアドバイスがあったそ
うです。こういう一流選手が、自分がプレーできないときも試合に帯同し、
アドバイスを与えるチームというのは本当に強いです。

てんびんソートのビデオ [unplugged]

sort

選択ソートとクイックソートのビデオが12月に公開されているのを教えて
もらいました。選択ソートはわかりやすいですが、クイックソートは初め
て見る人は何をやっているのかわからないかもしれませんね。わかってし
まえば簡単なのですが、説明は意外と簡単ではないかもしれません。

コメントSPAM対策状況 [system]

2ヵ月ですり抜け2件目。中国語で偶然、日本語文字コードと3文字かぶる
ケースがあるようです。がんばれ〜。(> SPAM判定プログラム)
11/12: 「連続する日本語3文字」設定
12/28: 1件すり抜け
1/11: 1件すり抜け

2009-01-10 Sat

迷路抜けプログラム [dolittle]

maze

ドリトルで迷路抜けプログラムを作ってみました。
アルゴリズムは次の簡単なルールです。
・右に壁がなければ右を向く。
・前に壁があれば左を向く。そうでなければ前に進む。

ゴールに到達すると動きが止まり、メッセージが表示されます。
壁の座標は80の倍数になるように配置します。

// 迷路を描く
カメ太=タートル!作る 20 線の太さ。
「カメ太!480 歩く 90 右回り」!4回 繰り返す 図形を作る -240 240 位置。
横線=カメ太!80 歩く 図形を作る 1000 1000 位置。
縦線=横線!作る 90 右回り 1000 1000 位置。

横線!作る -240 160 位置。
縦線!作る -160  160 位置。
横線!作る -240 80 位置。

横線!作る -80 160 位置。
縦線!作る -80  160 位置。
縦線!作る -80  80 位置。
横線!作る -80 0 位置。

横線!作る -240 -80 位置。
横線!作る -160 -80 位置。
横線!作る -80 -80 位置。

横線!作る -240 -160 位置。
横線!作る -160 -160 位置。
横線!作る -80 -160 位置。

横線!作る 0 80 位置。
横線!作る 80 80 位置。
縦線!作る 80  80 位置。
縦線!作る 80  0 位置。
縦線!作る 80  -80 位置。
縦線!作る 80  -160 位置。

// スタート位置
カメ太!ペンなし -200 200 位置。

// 探索メソッドたち
カメ太:前進=「
「自分!右壁なし?」!なら「自分!90 右回り」実行。
「自分!前壁なし?」!なら「自分!80 歩く」そうでなければ「自分!90 左回り」実行。
」。

カメ太:右壁なし?=「
tmp=衝突。flag=はい。衝突=「flag=いいえ」。
自分!90 右回り 40 歩く 40 戻る 90 左回り。
衝突=tmp。flag。
」。

カメ太:前壁なし?=「
tmp=衝突。flag=はい。衝突=「flag=いいえ」。
自分!40 歩く 40 戻る。
衝突=tmp。flag。
」。

// ゴール
ゴール=縦線!作る 240  -160 位置(黄)塗る。
ゴール:衝突=「時計!中断。ラベル!"おめでとう!" 作る 24 文字サイズ(赤)文字色 0 280 位置」。

// 実行
時計=タイマー!作る 50 回数「カメ太!前進」実行。

フォトアルバム [life]

album

お試しの第2段として注文していたフォトアルバムがAppleから届きました。
今度は「中」のサイズです。上に乗せた先日の「小」(名刺大)と比べると、
リングも付いていてずいぶん立派なのがわかります。値段の差以上の満足
感がありそうです。

2009-01-09 Fri

今日のご近所さん [life]

kunitachi1 kunitachi2 kunitachi3

JR国立駅は明後日から下りが高架になるようです。新しい階段が「1/11か
ら」と書かれていました。現在のホームを通過する列車も見納めです。

2009-01-08 Thu

授業の規模 [infoedu]

ひとくちに講義や講演と言っても、受講者の人数によってずいぶん教える
側の気持ちが違うなあ、と実感しています。

(500人)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆
                ●

この数年間を振り返ってみると、いちばん人数が多かったのは講堂で毎年
やっている新入生オリエンテーションの500人でしょうか。自分が生徒のと
きは「体育館の舞台に上がって全校生徒に話すなんて絶対無理!」と思っ
ていたのに、やってみるといちばん楽なのがこの人数でした。それは全員
の顔を見渡すようにしながらも、実質的に巨大なひとりを相手にしている
からだと思います。話すときは、仮想的なひとりの学生さんをイメージし
て、「みなさんはこうですよね」と話しかけていけばよい。反応も会場全
体を大きなひとつの雰囲気としてとらえればいい。学部生500人を2回、大
学院生150人を2回やってもまったく疲れません。

(1人)



逆に、頼まれてある大学に集中講義に行ったところ、学生さんが1人しかい
なかったときは困りました。10人程度と聞いて用意したグループ学習のシ
ナリオは使えない。1日90分×4時間が3,4日間連続して続くので、資料を作
り直す時間もない。仕方なく、初日は教科書を解説する講義にして、その
日の晩に必死でストーリーを作り直した記憶があります。幸い熱心な学生
さんだったので「1対1で1日4コマって精魂果てますね」と笑いながら無事
に終えることができました。私の授業用のMoodleで使っている顔写真はそ
のときに撮ったものです。

(60人)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
         ●


通常の授業は 60人程度だと、いちおう全員の進度を見ながら進められま
すね。ただし、名前と顔は一致しません。話は若干マスに近いです。

(40人)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
         ●

40人だと個人ごとの進捗やテーマがわかるので個別指導が可能になってき
ます。ただし、授業の中で40人に個別に使える時間はわずかですので、ど
うしても全体的な説明か、個別の短いアドバイスになってしまいます。

(20人)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
         ●

20人だとひとりずつの理解度が手に取るようにわかってきます。やりやす
い人数と言える反面、個別に指導するほどの時間的な余裕はなく、「見え
ているのに伸ばしてあげられない」もどかしさが出てくるように思います。

(10人)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
     ●

10人だとある程度個別の時間を使えますので、学生に合わせたアドバイス
が可能です。講義というより、選手に合わせたコーチングに近いのかな、
という感触を持っています。うまくやれば実力をぐんと伸ばせる反面、主
体は選手ですから、どこまで取り組むかは選手次第です。「あそこを伸ば
せば一流になれるのに」と思ってしまうのはコーチの宿命なのでしょう。

こうやって考えてみると、いろいろと面白い体験をさせてもらっています。

2009-01-07 Wed

今月のアーチストさん(Tony Levin, Peter Gabriel, Shankar) [music]

「Double Espresso」Tony Levin Band

新年最初に何を聴こうかと考えて、選んだのがこれ。2002年発売のライブ
です。当然、ドラムとベースだけを目的に聴いてきたわけですが、6年も聴
き続けていると、最近、邪魔でしかなかったギターが「意外といいではな
いか」と見直しモードです。どういう心境の変化だろう。(> 自分)

Tony Levin ( Bass )
Jerry Marotta ( Drums )
Jesse Gress ( Guitar )
Larry Fast ( Synthesizer )

なぜドラムとベースが目的かというと、「Tony Levin + Jerry Marotta」
は「Plays Live」(Peter Gabriel)のゴールデンコンビだから。

「プレイズ・ライヴ」ピーターガブリエル

1983年発売のライブ。Jerry Marottaのドラムをひたすら追いかけて聴くと
幸せになれます。昨年の心残りはイギリスに行ったのにSolsbury Hillに行
かなかったことか。こうやって聴き直してみると圧倒的にいいですね。毎
日聴きまくりそうな予感。

「Secret World Live」Peter Gabriel
「Secret World Live」Peter Gabriel

1994年発売のライブ。Plays Liveの「硬質な鋭さ」とは対照的に、こちら
は「華やかさ」。ベース(Tony Levin)とギター(David Rhodes)は同じです
から、やはりドラム(Manu Katché)の違いが大きいのか。特にDVDが楽しい
ですよね。ギターをひたすら注目しながら追いかけて見ると、幸せです。
ドラム+ベース+ギターでリズム隊を結成しているのです。見ていると他
の仕事ができないので、普段はどうしてもCDになってしまうのが残念。

しかし、現在の値段は安いですね!DVDは2千円。CDも中古で千円を切って
います。円高が影響してるのかな。実はいい世の中?

「Song for Everyone」Shankar

そういえば、Secret World Liveを最初に見たときは、学生時代にCDを集め
ていたバイオリン奏者(Shankar)がメンバーに入っていて驚いた記憶があり
ます。インドの古典音楽を自作のダブルネックバイオリンで演奏するのです。
1985年発売のこのCDでは、Sax(Jan Garbarek), Tabla(Zakir Hussain)
といった豪華メンバーが参加しています。ノルウェーとインドの競演ですね。

2009-01-06 Tue

CE98 [infoedu]

2/27(金),28(土)に電気通信大学(東京都調布市)で行われる情報処理学会
「コンピュータと教育研究会 第98回研究会」のプログラムが発表されま
した。初等中等教育関係の発表は学校教員の方が参加しやすい2日目に
多くなっています。
・私からのアンプラグド紹介とアンプラグド関係の実践発表
・高校教科「情報」の新指導要領関係の発表
・ドリトルやロボット関係の発表
などがあります。ぜひ、ご参加ください。

(2/27の発表タイトル)
Web探索のためのページ遷移履歴共有システム
学習者による作問に基づく協調学習支援システムの大学の講義への適用効果
SHoesにおける復習支援機能の運用経験
任意の画像を任意の位置に重畳表示することで大きさ理解を促進する簡易3次元表示方式
eラーニングのユニバーサルデザインは,いかなる価値の創出をめざし得るか?
社会人向けeラーニング研修コースの開発と社会人の学習意欲向上に向けたコース改善への取組
5職種のeラーニング専門家スキルにもとづく仮想学習環境の機能設計および試実装:インストラクショナルデザイナ,コンテンツスペシャリスト,インストラクタ,メンタ,ラーニングシステムプロデューサ
数式表示可能なブログを用いた数学教材のインストラクショナル・デザイン
「教具」としてのSqueak eToysとその小学校算数教育への適用
芸術系短大におけるKnoppixを活用したプログラミング教育
Blackboard Learning Systemを用いた経済学講義の構築
公文書公開手続きの情報教育への活用
学習コミュニティにおける論理的思考力育成のためのモデレーション指標の提案
理工系学生を対象とした技術文書作成支援システム
マーキングと感情タグの付与によるライティング活動における批判的読解の誘発

(2/28の発表タイトル)
小学校中学年におけるロボット教材を導入した学習実践について ー9才の情報教育ー
自律型3モータ制御ロボット教材を使った計測の授業
短期大学における組込みシステムプログラミング用基板の開発と取り組み
情報系工学科におけるロボットを用いた組込みシステム教育の実践
教科「情報」実施状況調査:これまでのまとめと今後の展開
高等学校新学習指導要領における教科「情報」
情報科教育法の知識体系
コンピュータサイエンスアンプラグドの状況と今後の展開
中学校におけるCSアンプラグドの改良と評価
大学祭でのCSアンプラグド博物館型展示企画の実践
「コンピュータを使わない情報教育」の学習法とそのデジタルコンテンツに関する研究
見真似発音練習システムにおける口唇動作誤り指摘
ドリトルを用いたオブジェクト指向チーム開発学習の実践と評価
C言語によるプログラミング教育についての省察

2009-01-05 Mon

NDL雑誌RSS [life]

ndlrss

国会図書館が雑誌目次のRSS配信を開始ということで、さっそくRSS
リーダーに登録してみました。対象雑誌は若干微妙なところがありますが、
「情報処理」「Rikatan」「Newsweek」「National Geographics」
などは含まれていました。こういうサービス拡大は大歓迎です。

2009-01-04 Sun

フォトアルバム [life]

album

注文していたフォトアルバムがAppleから届きました。どんなものかお試し
のつもりで、いちばん安い「小」のサイズです。Macに付属する写真管理ソ
フト(iPhoto)から12/17にオンラインで注文したところ、年末年始をはさん
で1/3に米国から届きました。約2週間ですね。名刺大の20ページで500円
(送料を入れると840円)。散逸しがちなデジタルカメラの写真も、ミニチュ
アの写真集にしておけば、誰かに差し上げたり形になって残せます。今度
は機会を見てもう少し大きめのサイズも試してみたいと思います。

2009-01-03 Sat

カメ太からの年賀状 [dolittle]

kameta

懐かしいものが出てきたのでメモしておきます。昨年出版したドリトル本
で使ったカメ太の画像ファイルです。
・胴体は半径25、頭は半径9、手足は半径7の円
・手は頭から45度で配置、足はしっぽから30度で配置
という条件で、PostScriptのプログラムを書きました。これをPDFに変換し
て印刷用の原稿に取り込んでいます。新年に懐かしい再会がありました。

%!PS-Adobe-2.0 EPSF-2.0
%%BoundingBox: 0 0 82 64
0.5 setgray
newpath 36.7 32 25 0 360 arc fill
0.8 setgray
newpath 9 48 7 0 360 arc fill
newpath 9 16 7 0 360 arc fill
newpath 59.3 54.6 7 0 360 arc fill
newpath 59.3 9.4 7 0 360 arc fill
newpath 70.7 32 9 0 360 arc fill
0 setgray
4 setlinewidth
newpath 36.7 32 25 0 360 arc stroke
newpath 9 48 7 0 360 arc stroke
newpath 9 16 7 0 360 arc stroke
newpath 59.3 54.6 7 0 360 arc stroke
newpath 59.3 9.4 7 0 360 arc stroke
newpath 70.7 32 9 0 360 arc stroke

2009-01-02 Fri

北海道教育大学釧路校のアンプラグド [unplugged]

偶然拝見しました。研究室の秋合宿でアンプラグドの大運動会をしたそう
です。「学習8.並べ替えネットワーク」と「学習2.画像表現」のビデオが
紹介されています。教育学部の学生さんたち、元気ですね〜。ノリの良さ
に感心しました。

hiroshige1

並べ替えネットワークは、6人で比較的ノーマルに行った後に、部屋いっぱ
いに紙(コピー用紙をつなぎ合わせたもの?)を敷いて、12人で行っていま
す。後の解説編で「動くタイミングを指示したタンバリンはCPUのクロック」
という説明は、ちゃんと理解してやっていたところがすばらしかったです。

少し不思議だったのは、テーマが並列処理なのに、比較を同時にやってい
ないところでしょうか。:-)
「同時に比較して、タイミングを合わせるためにタンバリンを使う」とい
う形であれば、「複数のCPUの同期を取るためにクロックを使う」という
説明ができて、さらに深まったかもしれませんね。

hiroshige2

画像表現は、総勢40人(?)を3チームに分けて競わせるアイデアが秀逸です。
こんなこと、考えたこともありませんでした。いやー、楽しそうです。
正月早々、いいものを見せてもらいました。(_ _)

2009-01-01 Thu

なんでもRSS! [life]

nandemorss

新年に起きて最初にやったことは、「なんでもRSS!」でRSSフィードのない
WebページをRSSリーダーに登録することでした。「10個試して6個成功」
といった確率ですが、更新情報を一元化できる利点はとても大きいです。
すばらしいツールに感謝。

新年 [life]

昨年は楽しい一年でした。ドリトルは本とV2、アンプラグドはイベントと
授業研究、活動は国際会議と海外での学会開催など、まだまだできたこと
があった気がしつつも、ある程度の成果を出せたように感じています。

今年も同じように進めるといいですね。3月までは現在の活動をまとめる予
定です。ドリトルは韓国語と統合した国際版をリリースし、アンプラグド
は授業で利用するための情報を整理して公開します。4月以降はプログラム
による国際交流のアイデアを実験しつつ、新しいテーマにチャレンジして
いきたいと考えています。

さて、今日は何から始めましょう。楽しい正月休みになりそうです。

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS