カメ太の日記 / 2009-02-16

前の日 / 次の日 / 最新 / 2009-02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2009-02-16 Mon

ドリトルの授業展開 [dolittle][infoedu]

公開授業の後である先生から、「私もドリトルを授業で使っていますが、
手探りの部分があります。1時間目で何を学んだら2時間目で何を学ばせる
のがよいか、といった標準的なカリキュラム案があると、教える先生には
役に立つと思います」というご意見をいただきました。

そういえば、先生方から評価の高い「1時間で学ぶソフトウェアの仕組み
は1行ずつ入力させながら生徒に何を解説すればよいかを書いていますので、
そのあたりがよかったのかもしれませんね。

本の形でドリトルのテキストを作り、安心していた面がありますが、授業
を支援するためにもう少しできることがありそうですね。検討してみたい
と思います。ちょうど身近で数時間用のテキストが検討されていますので、
うまく行けば近いうちに何らかの形で公開できるかもしれません。

公開授業見学 [dolittle][infoedu]

先週末は公開授業を見学させていただきました。自分たちの行動を題材に
アルゴリズム的な考え方に導く中学校技術の授業と、ドリトルでプログラ
ミングを体験する高校情報の授業です。

公開授業ということで質の高い部分はありましたが、どちらも改善できる
点も多かったと思います。分科会に参加したのですが、指導者の方からの
指摘がないのは普通なのでしょうか。学校ごとの授業方針もあるでしょう
から、見学者からの指摘だけでは限界があると感じました。授業をしなが
ら自分を観察することは簡単ではありませんから、先生方へのフィードバッ
クがないのはもったいないなあ、と感じてしまいました。

2時間目はドリトルを使った授業をしてくださったのですが、見開きの2ペー
ジの学習内容の中に、「カスケード」「繰り返し」「ブロック」「図形オ
ブジェクト」「変数」「数式/変数を括弧で囲む」「メソッド定義」「パラ
メータ定義」など、生徒から見ると10個以上の新しい概念が含まれていま
した。今回は2回目の授業だそうです。別枠に「スモールステップの重要性」
として書かせていただきましたが「教える内容を分析して」「細かいステッ
プで」「クラスの8割くらいが理解したことを確認してから次に進む」といっ
た進め方をしていただければ、無理のない授業展開にできると思います。

スモールステップの重要性 [dolittle][infoedu]

プログラムを教える場合には、そこに含まれる概念を分析しておくことは
重要です。ドリトルの場合には、生徒にとって知らない英単語や、身近で
ない記号(「{」や「;」など)を使わないことで余計な敷居は低いのですが、
逆に、生徒は早い段階から「プログラムを作る」という本質的な考え方に
取り組むことになります。

たとえばタートルを作る

カメ太=タートル!作る。

という1行だけを見ても、生徒は
・「タートル」というオブジェクトの種類。
・「!」によるオブジェクトの指定。
・「作る」という命令の送信。
・「作る」の実行によるオブジェクトの生成。
・「。」による文の区切り。
・「カメ太」という変数の概念。
・「=」による変数への代入。
という、数多くの新しい概念を理解することになります。

これらを言葉だけで伝えることは無理がありますので、授業では

カメ太=タートル!作る。
カメ太!100 歩く。

といったレベルの簡単なプログラムを題材に、
・意味を説明し
・少しずつ値を変えながら何度も実行させる
ということを繰り返しながら、最初は1時間くらいかけて、頭の中に「なる
ほど、プログラムはこうやって書けばいいのか」というモデルを作って行
きます。

言い換えると、生徒に対しては、

カメ太=タートル!作る。
カメ太!100 歩く。

というプログラムを示して「カメの作り方と動かし方を勉強しよう」と大
まかに説明するわけですが、先生自身が大まかな理解のままでは授業を作
れません。この2行を教えるために、先ほど書いたような、数多くの理解の
ステップに分解し、できるだけ「いちどに1個のステップごと」の形で進め
ることが必要です。

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS