カメ太の日記 / 2009-02-28

前の日 / 次の日 / 最新 / 2009-02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2009-02-28 Sat

アンプラグドの報告発表をしました [unplugged]

第98回コンピュータと教育研究会」でアンプラグドの状況について報告
しました。概要を書いておきます。

・日本で知られていなかったので2年くらい前に翻訳した。
・小学校低学年からコンピュータ科学を理解できるかは半信半疑だった。
・そこで中学校や高校で授業をしてから出版した。
・主な利用:
-小学校: 科学教室などのイベント。
-中学校: 関心は高いが事例は多くない。
-高校: 教科「情報」の補助教材。
-大学: 授業利用が多い。科目等は不明。約70大学の図書館が所蔵。
・教員養成の授業で使ったところ効果があった。教員研修にも有効。
・昨年末に2つの紹介ビデオの日本語吹き替え版が公開された。
・教材の改良や独自の工夫も生まれている。
・アンプラグドのエッセンスを抽出する作業も行っている。
・アンプラグドの実践ノウハウをまとめた書籍を計画中。情報提供を歓迎。
・身体的なアクティビティを行いにくい人向けの仮想的な環境も研究されている。
・海外の教育手法を紹介しただけだったが、だんだん面白くなってきた。


発表者の皆さん、参加者のみなさん、2日間お疲れ様でした。

ドリトルとC#の比較 [dolittle]

takase

第98回コンピュータと教育研究会」でドリトルの飛行船制御を発表して
くれたKCGの高瀬さんのスライドは、ドリトルV2の画面がテンプレートに
なっていて、まるでドリトルでプレゼンをしているようでした。上には編
集画面の切替タブがあり、下には実行ボタンがあります。これはアイデア
ですね!

同じ飛行船制御の課題をドリトルとC#で学生に実装させたところ、次のよ
うな工数の違いがあったそうです。言語学習で5倍以上、実装で約2倍の効
果があるのですね。貴重な情報をありがとうございました。

ドリトルC#
言語学習6日45日
設計6日6日
実装6日11日

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS