カメ太の日記 / 2009-03-07

前の日 / 次の日 / 最新 / 2009-03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009-03-07 Sat

SIGCSE2009(5) [trip][unplugged]

a

この日はいくつかのセッションに参加。手話通訳付きの発表もありました。

a a a

閉会式は大ホールでの盛大な昼食会。アンプラグド賞の表彰も行われまし
た。最後は現地のお世話役の人たちへのスタンディングオベーション。

a

会場では「明日から夏時間です」という注意を促すスライドもありました。
私たちの乗る飛行機も、実際には1時間早く飛び立ってしまいます。たまた
ま知っていたからいいものの、危ないところでした。

a a

午後はTimさんの車に乗せてもらい、蒸気機関車へ。

a a

先頭車両から機関車を見ると、石炭が見えました。煙を出して走ります。

a a

よく見ると、「白人専用」「有色人種用」という表示の車両もありました。
歴史を残しているのですね。

a

折り返し駅では、機関車の転回も見ることができました。迫力です。

a a

最後に、運転台に入れてもらいました。運転手と助手、石炭係などが狭い
空間で協力して動かしているようです。

a

保存してある切符売り場では、通信用の電信機器が残されていました。

a

そういえば、車は黄色いスポーツカーでした。かっこいいですね。

a a

市内にはKOMATSUがありました。たくさんの黄色い車が並んでいます。

a a

その後は景色のいい展望台へ。「signal mountainなんて変わった名前だな」
と思っていたら、南北戦争の時に信号所があった山なのですね。確かに、
両側に見晴らしのいい場所です。

a a

当時は敵に電話線を切られてしまうため、手旗やのろしで通信していたよ
うです。通信は敵にも見られる可能性がありますから、暗号も必要ですね。
米国は100年少し前までは内戦をしていたのだなあと実感してしまいました。

a

帰り道に見かけたポスト。「Biffだ〜」と感動してしまいました。
郵便が入ると旗が立つだけでなく、犬も知らせてくれるのでしょうか。

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS