カメ太の日記 / 2009-12

前の月 / 次の月 / 最新

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2009-12-24 Thu

卒研発表会 [infoedu]

oecu

所属する医療福祉工学科の卒研発表会がありました。12/24,25だと、2日目
に発表する学生さんと指導教員の先生は、クリスマスイブがなかったかも!?
何はともあれ、発表した学生さんは、ご苦労さまでした。

2009-12-15 Tue

プ会 [infoedu][dolittle]

daipukai

梅田でプ会。貝塚高校の伊藤先生がドリトルの音楽機能を使った授業を
報告してくれました。こんなにまとまった形(1学期すべて?)で音楽機能
を使ってもらったのは初めてかもしれません。別の高校では音楽の授業で
ドリトルを使ってくれたとか。本格的に使われてきているようです。

2009-12-14 Mon

足し算ヤギさん [unplugged][infoedu]

山宮さんのサイトで木製の半加算器が公開されていて、私の周りでプチブー
ムになっています。阿部さんからSqueak eToyの動く論理演算を教えてもらっ
たりして、どんどん世界が広がっています。

加算器は論理回路を組み合わせて作りますが、紙工作で作れる「Logic
Goats」というヤギさん論理回路が売られています。実際には型紙のPDFを
買って、プリンタで印刷したものを切り抜いて自分で作ります。:-)
AND/OR/NOT
XOR(新作!)

大阪府立大学の嘉田先生から、AND/OR/NOTで半加算器を作った写真をいた
だきました。昨年の秋に、「パズルとゲームで知るコンピュータの仕組み
という子供向けの研究室紹介イベントで展示したそうです。

kada kada

論理回路というと難しそうですが、足元のレバーを指で押すと、論理演算
の結果によってヤギの頭が動くので、子どもたちも楽しそうです。

kada kada
kada kada

白いジャケットが嘉田先生です。貴重な写真をありがとうございました。

(追記)
阿部さんからは、K'nex Adding Machineも教えてもらいました。最後まで
見るとかわいい。(^^
Logic GateというScratchの作品も。画面の世界は子どもたちにどれくらい
リアルな実感を与えるのか興味があります。

2009-12-12 Sat

アンプラグドの模擬授業(4) [infoedu][unplugged]

某女子大の情報の教職の授業でアンプラグドを使った模擬授業。

tie09

これは4章の「パリティ手品」。データ通信の誤り検出に使われていること
の説明です。

tie09

これは9章の「マッディーシティ」。ワークシートで作業します。

tie09 tie09

ゲストたち。私の研究室の学生が見学させてもらいました。作業を説明し
てもらっているところ。高校の先生方も来てくれました。なにやら密談中。

tie09

これは11章の「宝探し」。テーマはコンピュータのような機械は状態を持っ
て動いていることの学習です。左は状態遷移図が携帯電話の操作で使われ
ていることの説明。真ん中と右は、実はドラえもんも「のび太の帰りを待っ
ている」「道具を出している」「トラブルに巻き込まれている」のような
状態で動いているという説明でした。

tie09 tie09 tie09 tie09

これは5章の「情報量」。「めったに起きないことが起きた!という情報は
情報量が多い」ことを、確率を使って説明していました。緑と白のチップ
を箱に入れて、そこから取り出した2個がどのような組み合わせかを生徒に
予想させます。それがどれくらい当たったかを板書。途中で箱の中身を入
れ替えて、チップの比率を変えていました。

tie09 tie09

これは8章の「並べ替えネットワーク」。実習をしたあとで、どうして歩い
ているだけで並び替えられるのかを説明しています。

tie09 tie09 tie09

これは10章の「みかんゲーム」。今回はルーティングの学習として、2つの
町の間で郵便物を配送する実習をしました。町をつなぐのは中央郵便局。
町の中には郵便局があって配送しています。女子生徒が多いと、お手紙書
きの実習は盛り上がります。

tie09 tie09

これは3章の「テキスト圧縮」。「同じパタンの繰り返しは冗長性があるの
で圧縮できる」ことを学習しました。最初に知っている早口言葉を板書し
てもらい、それをみんなで口に出して読み上げると、スラスラ読み上げる
のは大変です。次に、繰り返されるパタンを読む人と分担すると、どんど
ん負担は減っていきました。

tie09

これは12章の「プログラミング言語」。今回は複数人が関数になって伝言
ゲームをする形で、再帰的な実行を実習しました。

tie09

これはドリトルのチャット。先生のPCをサーバにしました。最初にクライ
アントの受信プログラムを入力してもらい、先生が書いたメッセージをみ
んなで受信するWeb閲覧の通信を、次に送信プログラムを追加してもらい、
全員がメッセージを読み書きするチャット(掲示板)を実習しました。

tie09

校舎の前で、高い木がクリスマスツリーになっていました。

tie09

最後に、前期を担当してくれた東大和高校の佐藤先生や、見学に来てくれ
た方々と打上げ。今年は土曜日の集中講義になって大変でしたけど、学生
さんのがんばりのおかげで、中身の濃い授業になったと思います。この授
業では、有意義なコメントをいただいた見学者を含め、多くの方にお世話
になりました。感謝いたします。

2009-12-10 Thu

ドリトルで再帰 [dolittle]

山宮さんのつぶやきで見に行ったページでSchemeの再帰が紹介されて
いました。

(define (FOREVER x)
(display x) (FOREVER x))
(FOREVER "LOVE ")

さっそく、ドリトルに移植。

f=「|x| ラベル!(x)作る。自分!(x)f」。
!"LOVE"f。

実行すると無限ループになります。Schemeは無限に実行されますが、ドリ
トルは末尾再帰の最適化をしていないので、途中でスタックが溢れて止ま
ります。手元で試したら518回実行したところで停止しました。

love

2009-12-06 Sun

ゲーム学会 [infoedu][dolittle]

gas gas

初めてゲーム学会に参加しました。会場は大阪電通大の四條畷キャンパス
です。最初は高見先生の司会でデモとパネルの紹介プレゼン。

gas gas

いろいろと面白そうなデモが並んでいました。ドリトルは地味に展示。

gas

ドリトルを使った飛行船制御の発表がありました。私はアンプラグドを話
すつもりだったのですが、前後がドリトル関係の発表だったので、急遽ド
リトル紹介の発表に切り替えました。ものすごく盛り上がって活気のある
セッションになったと思います。

gas gas

新旧の学会長。前会長の対馬先生に花束が贈られました。

2009-12-04 Fri

今日のご近所さん [photo]

chiien

授業に遅れてきた学生から遅延証明書をもらいました。改札のハサミは、
こんなところで生きていたのですね。

Kindle [infoedu][life]

kindle kindle kindle

Kindleをアップデートしたら、PDFをそのまま表示できるようになりました。
フォントが埋め込まれていれば、日本語や韓国語もOKです!

2009-12-03 Thu

KNOPPIXでドリトル [infoedu][dolittle]

nawate nawate nawate

所沢の寶迫先生からCDをいただきました。起動すると、Linuxの画面になり、
きれいなフォントでドリトルを実行できます。面白かったのは、ウィンド
ウの終了時に木っ端微塵になること。最近のウィンドウマネージャは凝っ
てますね!

2009-12-02 Wed

今日のご近所さん [photo]

nawate

山が色づいてきました。日暮れ時は真っ赤に見えます。

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS