カメ太の日記 / 2010-03-28

前の日 / 次の日 / 最新 / 2010-03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010-03-28 Sun

ドリトルが熱い! [dolittle]

3/3に新学期用の新バージョン(V2.1)を出したばかりですが、その後も改
良が続いています。最新の情報はユーザーフォーラムでご覧ください。ゲス
トでの閲覧が可能なほか、アカウントを作ると質問などの書き込みが可能に
なります。試験的に作ってみた機能を紹介します。これらは、オンライン版
(開発版)
で実行できます。

1.ランダムな選択
ランダムな色を作成したり、配列からランダムに要素を取り出せる命令を
追加しました。親しみがわくように「くじ引き」という別名もあります。
ランダムな色を作る命令: ランダムに作る、くじ引き
配列からランダムな要素を取り出す: ランダムに選ぶ、くじ引き
オンライン版(開発版)から「mouse.dtl」を実行し、丸い図形をクリックす
ると、ランダムな色を表示できます。
randomColor

2.タートルと図形のマウスイベント
タートルと図形をクリックすると、そのオブジェクトに定義された「動作」
が実行されるようにしました。
オンライン版(開発版)から「mouse.dtl」を実行し、表示されたタートルや
図形をクリックすると、動作を確認できます。
mouseEvent

3.マウスカーソルの位置
マウスオブジェクトの「横の位置?」「縦の位置?」でマウス位置を取得
できるようにしました。(マウスの実体は画面オブジェクトです)
オンライン版(開発版)から「xeyes.dtl」を実行し、画面上でマウスカーソル
を移動すると、動作を確認できます。
xeyes

4.音楽演奏時の背景効果表示
音楽演奏のプログラムを実行したときに、画面に何も表示されないのは寂
しいことから、ランダムな色を表示できるようにしてみました。これだけ
だと画面がチカチカしますね。よいアイデアがあれば提案してください。
音程や長さを使えればいいのですが、今のところ「音が出た」というイベ
ントしか拾えないため、スクリーンセーバーのようなランダム系の表示で
す。オンライン版(開発版)から次の2行を実行すると、動作を確認できます。
(例)
画面!音楽効果。
メロディ!"ドレミードレミー"作る 演奏。

5.文字コード
「文字コード」命令は、文字の文字コードを返します。
・位置を省略すると、先頭の文字の文字コードを返す。
・位置を指定すると、n文字目の文字コードを返す。
オンライン版(開発版)から次の例を実行すると、動作を確認できます。
(例) 実行すると「97」が表示されます。
ラベル!("a"!文字コード)作る。
(例) 実行すると「12354 20124 97」が表示されます。
s="あ亜a"。
「|n| ラベル!(s!(n)文字コード)作る」!(s!長さ?)繰り返す。

「コード文字」命令は、文字コードに対応する文字を返します。
この命令を利用して、""や『』のような引用符を定義しました。
": ダブルクォート
“: 左ダブルクォート
”: 右ダブルクォート
『: 左二重かぎ括弧
』: 右二重かぎ括弧
(例)
出力=(ダブルクォート)+"あいうえお"+(ダブルクォート)。
ラベル!(出力)作る。

2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2012-08-19 23:58

RSS