music - カメ太の日記

カメ太の日記 最新ページ

2009-09-05 Sat

Fleetwood Mac [music]

ザ・ダンス~グレイテスト・ヒッツ・ライヴ [DVD]

全編質の高い演奏で、大満足。Stevie Nicksって意外と歌唱力あったんだ。
EverywhereとLandslideがお気に入りです。先日のiTMSの噂といい、掘り出
し物続きだなあ。これは4年前に出ていたのを知らなかっただけですが。(^^

2009-06-20 Sat

Fleetwood Mac [music]

ITMSで何気なくRumoursのRemasterdを見てびっくり。後半にデモテープや
リハーサルのような貴重な音源がたくさん付いているではありませんか。
おまけに1,000円です(^_^)/。さっそく購入して楽しんでいます。

噂(フリートウッド・マック)

2009-04-16 Thu

ライヒの新譜 [music]

Steve Reich: Daniel Variations

新譜と言っても、2006年ですから3年前に出ていたんですね。ちっとも気付
きませんでした。今でもミニマルミュージックに分類されているのでしょ
うか。さらに音楽性が豊かになり、気持ちが奥底から揺さぶられます。

この手の音楽は後楽園の近くに勤めていたときに、尊敬している大先輩に
いろいろと教えてもらった記憶があります。音楽はビジュアルなものより、
時空を超えてよみがえることがありますね。

2009-02-25 Wed

ドゥダメルとブラジル風のバッハ(2) [music]

奥村先生から情報をいただきました。「ブラジル風のバッハ 第5番」(ヴィ
ラ・ローボス作曲)のアリアは、歌っていたAna María Martínezのサイト
で聴けるそうです。

2009-02-23 Mon

ドゥダメルとブラジル風のバッハ [music]

dudamel
2/20にNHKの芸術劇場で放映されたグスターボ・ドゥダメルの日本公演をご
覧になった方も多いと思います。昨年12/17は、都合が付けば文化会館に行
きたかったですね。演奏の質とともに会場との一体感がすばらしかったで
す。最後は観客が総立ちでした。

「エル・システマ―音楽で貧困を救う南米ベネズエラの社会政策」山田真一

冒頭はこの本の著者による解説。今回のユースオーケストラは、ベネズエ
ラの政策で年間30万人の子どもたちに楽器を与える音楽プロジェクトの一
環だそうです。30年以上の歴史から、最近になって世界的に認められたドゥ
ダメルのような指揮者や、ベルリンフィルのメンバーになった演奏家が出
てきたのはすばらしい成果だと思います。番組の後半はドゥダメルがベル
リンフィルを演奏した映像ですが、このユースオーケストラ出身のコント
ラバス奏者も出演しているそうです。

「フィエスタ」グスターボ・ドゥダメル 「Fiesta」Gustavo Dudamel
「チャイコフスキー:交響曲第5番」グスターボ・ドゥダメル

前半はユースオーケストラによるラベルとチャイコフスキー。団員のノリ
が後半に向かうに連れて盛り上がって行き、その気持ちに聴衆が引き込ま
れて行くのがよくわかります。アンコールでの踊りながらの演奏は定番に
なった感がありますが、日本では初めてだったんですね。南米、熱いです。

dudamel

後半はドゥダメル指揮のベルリンフィル。2万人を集めた大きな野外円形劇
場での演奏です。ドイツのオーケストラが南米の音楽を演奏する様子は興
味深かったです。個人的には、2曲目の「ブラジル風のバッハ 第5番」(ヴィ
ラ・ローボス作曲)に感銘を受けました。ベルリンフィルのチェロ奏者8人
と歌うアナ・マリア・マルティネスというソプラノ歌手は、野外音楽堂と
いう悪条件にも関わらず、表現が豊かで最後まで歌い切っていました。

アナ・マリア・マルティネス:ソプラノ歌曲とアリア集

こういう番組は再放送はないのでしょうかね。見逃した方は、名前を覚え
ておいて、ぜひご覧ください。(以下はNHKの番組案内より抜粋)

午後10時30分から午後10時44分(放送時間14分間)
芸術劇場 情報コーナー
▽シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの魅力 【ゲスト】山田真一,【司会】中條誠子,【インタビュー出演】グスターボ・ドゥダメル,ホセ・アントニオ・アブレウ
「「ダフニスとクロエ」組曲 第2番」クスターボ・ドゥダメル、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ、「ダンソン 第2番」グスターボ・ドゥダメル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

午後10時44分から翌日午前0時06分(放送時間82分間)
芸術劇場
- ドゥダメル指揮
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ
・オブ・ベネズエラ演奏会 -
「“ダフニスとクロエ”組曲 第2番」 ラヴェル作曲
「交響曲 第5番 ホ短調 作品64」 チャイコフスキー作曲
「“ウエスト・サイド・ストーリー”
シンフォニック・ダンスから マンボ」バーンスタイン作曲
「バレエ組曲“エスタンシア”から 終曲の踊り」ヒナステラ作曲
(オーケストラ)
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ
(指揮)グスターボ・ドゥダメル
~東京芸術劇場で録画~

翌日午前0時06分から翌日午前0時45分(放送時間39分間)
芸術劇場 -ベルリン・フィルの ワルトビューネ・コンサート2008-
- ベルリン・フィルの
ワルトビューネ・コンサート2008 -
「センセマヤ」 レブエルタス作曲
「ブラジル風バッハ 第5番」 ヴィラ・ローボス作曲
(ソプラノ)アナ・マリア・マルティネス
「ダンソン 第2番」 マルケス作曲
「ア・フエゴ・レント」 オラシオ・サルガン作曲
「ベルリンの風」 リンケ作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)グスターボ・ドゥダメル
~ドイツ・ベルリン ワルトビューネ野外音楽堂で録画~

2009-01-07 Wed

今月のアーチストさん(Tony Levin, Peter Gabriel, Shankar) [music]

「Double Espresso」Tony Levin Band

新年最初に何を聴こうかと考えて、選んだのがこれ。2002年発売のライブ
です。当然、ドラムとベースだけを目的に聴いてきたわけですが、6年も聴
き続けていると、最近、邪魔でしかなかったギターが「意外といいではな
いか」と見直しモードです。どういう心境の変化だろう。(> 自分)

Tony Levin ( Bass )
Jerry Marotta ( Drums )
Jesse Gress ( Guitar )
Larry Fast ( Synthesizer )

なぜドラムとベースが目的かというと、「Tony Levin + Jerry Marotta」
は「Plays Live」(Peter Gabriel)のゴールデンコンビだから。

「プレイズ・ライヴ」ピーターガブリエル

1983年発売のライブ。Jerry Marottaのドラムをひたすら追いかけて聴くと
幸せになれます。昨年の心残りはイギリスに行ったのにSolsbury Hillに行
かなかったことか。こうやって聴き直してみると圧倒的にいいですね。毎
日聴きまくりそうな予感。

「Secret World Live」Peter Gabriel
「Secret World Live」Peter Gabriel

1994年発売のライブ。Plays Liveの「硬質な鋭さ」とは対照的に、こちら
は「華やかさ」。ベース(Tony Levin)とギター(David Rhodes)は同じです
から、やはりドラム(Manu Katché)の違いが大きいのか。特にDVDが楽しい
ですよね。ギターをひたすら注目しながら追いかけて見ると、幸せです。
ドラム+ベース+ギターでリズム隊を結成しているのです。見ていると他
の仕事ができないので、普段はどうしてもCDになってしまうのが残念。

しかし、現在の値段は安いですね!DVDは2千円。CDも中古で千円を切って
います。円高が影響してるのかな。実はいい世の中?

「Song for Everyone」Shankar

そういえば、Secret World Liveを最初に見たときは、学生時代にCDを集め
ていたバイオリン奏者(Shankar)がメンバーに入っていて驚いた記憶があり
ます。インドの古典音楽を自作のダブルネックバイオリンで演奏するのです。
1985年発売のこのCDでは、Sax(Jan Garbarek), Tabla(Zakir Hussain)
といった豪華メンバーが参加しています。ノルウェーとインドの競演ですね。

2008-06-02 Mon

ピアノの連弾でジェネシス [music]

他人の曲を演奏する「カバー」や「トリビュート」はいまひとつ好きではなかったのですが、今年はペンギンカフェオーケストラのカバーで高木正勝を発掘して聞き惚れたり、YMOのラテンバージョンを聴いて大笑いしたりで、聞く機会が増えてきました。

続きを読む

2008-04-15 Tue

スピーカー工作 [music]

外観 部品 配線
子供の大学入学祝いに、親戚筋からスピーカーキットが届きました。報告を兼ねて写真を置いておきます。モノは横浜ベイサイドネットのキットです。小型の2wayバスレフで、ツィータの後ろにダクトがあるようです。数日前は家の中にニスの香りが漂っていました(シンナーに気をつけて壁塗んな状態。わっかりました、親方〜)。いい音で鳴ってるのかな。アンプは紙筒スピーカー用のものを流用しているようです。

※4/18追記: 実際はFS-1のアンプ部を使っていました。よく考えたら、紙筒スピーカーのアンプとFS-1のスピーカーは、私が大学の授業用に使っていたのでした(情報倫理デジタルビデオ教材用)。
※4/19追記: 届いたキットにはグラスウールが入っていなかったようで、注文してくれた親戚筋を通してクレームを伝えて届けてもらいました。無事に完成したのかな。

最終更新時間: 2012-08-19 23:58
RSS