ユーザ用ツール

サイト用ツール


kanemunelab:kanemune_papers

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
kanemunelab:kanemune_papers [2022/04/25 12:34]
kameta
kanemunelab:kanemune_papers [2022/05/07 10:11] (現在)
kameta
行 3: 行 3:
  
 ===== 学術論文 ===== ===== 学術論文 =====
-  * 本多佑希, 岸本有生, 漆原宏丞, 兼宗進. 継承による知識階層を利用したスマートスピーカープログラミング教材の提案, 日本情報科教育学会誌, Vol.14, No.1, pp.29-38, 2021.+  * 本多佑希, 岸本有生, 漆原宏丞, 兼宗進. 継承による知識階層を利用したスマートスピーカープログラミング教材の提案, 日本情報科教育学会誌, Vol.14, No.1, pp.29-38, 2022.
   * 長瀧寛之, 島袋舞子, 小関啓子, 宝官孝明, 兼宗進. 情報リテラシー科目のオンライン実践と学習活動への影響の評価, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.8, No.2, pp.1-17, 2022.   * 長瀧寛之, 島袋舞子, 小関啓子, 宝官孝明, 兼宗進. 情報リテラシー科目のオンライン実践と学習活動への影響の評価, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.8, No.2, pp.1-17, 2022.
   * 島袋舞子, 本多佑希, 兼宗進. スマートスピーカーを題材にした高等学校におけるプログラミング学習環境の提案, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.6, No.3, pp.21-31, 2020.   * 島袋舞子, 本多佑希, 兼宗進. スマートスピーカーを題材にした高等学校におけるプログラミング学習環境の提案, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.6, No.3, pp.21-31, 2020.
行 58: 行 58:
   * 小林祐紀, 兼宗進 編著・監修. コンピュータを使わない小学校プログラミング教育. 翔泳社, 2017.   * 小林祐紀, 兼宗進 編著・監修. コンピュータを使わない小学校プログラミング教育. 翔泳社, 2017.
   * 文部科学省. 高等学校学習指導要領情報, 2017.(分担執筆)   * 文部科学省. 高等学校学習指導要領情報, 2017.(分担執筆)
-  * 兼宗進ほか監修, 佐々木寛ほか著. IT・Literacy Scratch・ドリトル編. 日本文教出版, 2016. 
  
 ===== 解説記事、総説 ===== ===== 解説記事、総説 =====
行 82: 行 81:
   * 兼宗進. ネットワークを利用した双方向プログラムとは. 技家Navi, 東京書籍, 2017年春夏号, p6-7, 2017.   * 兼宗進. ネットワークを利用した双方向プログラムとは. 技家Navi, 東京書籍, 2017年春夏号, p6-7, 2017.
   * 小林祐紀, 兼宗進. 見通しにくい社会にブレークスルーを起こす力を -- 『小学校プログラミング教育』インタビュー. 翔泳社, 2017. [[https://codezine.jp/article/detail/10110|Web]]   * 小林祐紀, 兼宗進. 見通しにくい社会にブレークスルーを起こす力を -- 『小学校プログラミング教育』インタビュー. 翔泳社, 2017. [[https://codezine.jp/article/detail/10110|Web]]
-  * 長瀧寛之, 兼宗進. データベース実習を支援するツール sAccess (サクセス). 情報処理, Vol.56, No.5, pp.466-469, 2015. filePDF 
  
 ===== 講演・研修 ===== ===== 講演・研修 =====
行 135: 行 133:
   * 小学校でのプログラミング教育. 沖縄県立総合教育センター, 2017.   * 小学校でのプログラミング教育. 沖縄県立総合教育センター, 2017.
   * アンプラグド(コンピュータを使わない)プログラミング教育. 茨城県情報教育研究会, 2017.   * アンプラグド(コンピュータを使わない)プログラミング教育. 茨城県情報教育研究会, 2017.
-  * プログラミング思考って何? -プログラミング教育の在り方についての有識者会議から-. 情報コミュニケーション学会 第12回情報教育合同研究会, 2016.(招待講演) 
-  * 新学習指導要領を見据えた教科「情報」のあり方 -プログラミング学習を踏まえて-. 平成28年度愛知県高等学校情報教育研究会, 2016. 
-  * 学習指導要領改訂の状況とプログラミング教育. 情報処理学会, 高等学校「情報」シンポジウム, 2016. 
-  * 次期学習指導要領の議論の状況. 沖縄県立総合教育センター, 平成28年度 ICT教育研修「教科「情報」実践講座2」, 2016. 
-  * 次期学習指導要領における「情報」とプログラミング教育. 情報処理学会, 第136回コンピュータと教育研究会, 2016.(招待講演) 
-  * アルゴリズムの指導について. 京都府総合教育センター, 平成28年度中学校技術科・高等学校情報科教育講座, 2016. 
-  * 共通教科「情報」授業力向上基礎研修. 大阪府教育センター, 2016. 
-  * 共通教科「情報」におけるプログラミングの位置づけ. 第71回ICTE情報教育セミナー in 東京, 2016. (キミのミライ発見, 河合塾. (Vol.1) http://goo.gl/v7xMhb , (Vol.2) http://goo.gl/cgjnsj ) 
-  * 共通教科「情報」におけるプログラミングの位置づけ. 第70回ICTE情報教育セミナー in 大阪, 2016. 
-  * 共通教科「情報」におけるプログラミングの位置づけ. 第69回ICTE情報教育セミナー in 名古屋, 2016. 
-  * ドリトルで楽しく学ぶプログラミング. 第4回ICTE兵庫支部講習会, 2016. 
-  * アルゴリズムの指導. 京都府総合教育センター, 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズIII, 2015. 
-  * コンピュータにおける情報処理. 京都府総合教育センター, 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズII, 2015. 
  
  
行 171: 行 156:
   * 兼宗進, 小林祐紀, 白井詩沙香, 清水匠, 片岡仁. 小学校でプログラミングを通して論理的思考を育む - 「ルビィのぼうけん」実践プロジェクト. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(2017), pp.188-189, 2017. (ポスター) {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2017029.pdf |PDF}}   * 兼宗進, 小林祐紀, 白井詩沙香, 清水匠, 片岡仁. 小学校でプログラミングを通して論理的思考を育む - 「ルビィのぼうけん」実践プロジェクト. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(2017), pp.188-189, 2017. (ポスター) {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2017029.pdf |PDF}}
   * 小林史弥, 白井詩沙香, 山澤昭彦, 兼宗進. ドリトルでのデータ処理機能とグラフ描画機能の開発. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(2017), pp.178-181, 2017. (ポスター) {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2017027.pdf |PDF}}   * 小林史弥, 白井詩沙香, 山澤昭彦, 兼宗進. ドリトルでのデータ処理機能とグラフ描画機能の開発. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(2017), pp.178-181, 2017. (ポスター) {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2017027.pdf |PDF}}
-  * 長島和平, 本多佑希, 長慎也, 間辺広樹, 兼宗進, 並木美太郎. オンラインで複数言語を扱うことができるプログラミング授業支援環境. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(SSS2016), pp.137-140, 2016. [<color #ed1c24>SSS2016 優秀デモポスター賞受賞</color>] {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2016020.pdf |PDF}} 
-  * 間辺広樹, 大村基将, 林康平, 兼宗進. 情報科教育におけるIoT学習環境の利用方法の検討. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム(SSS2016), pp.98-105, 2016. [<color #ed1c24>SSS2016 優秀論文賞受賞</color>] {{ :kanemunelab:data:ipsj_sss2016015.pdf |PDF}} 
  
 ===== 口頭発表 ===== ===== 口頭発表 =====
 +  * 飯沼弦貴,兼宗進. PCのカメラ画像を利用した非接触式文字入力方式. 情報処理学会, 第84回全国大会, 2022. [<color #ed1c24>第84回全国大会 学生奨励賞</color>]
 +  * 兼宗進, 島袋舞子, 岸本浩輝, 漆原宏丞, 本多佑希, 岸本有生. アルゴリズム入門教育に適したソートアルゴリズムの検討. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(164), 2022.
 +  * 北村祐稀, 岸本有生, 兼宗進, 西田知博, 白井詩沙香. CSアンプラグドを活用したソートアルゴリズムオンライン学習教材の開発. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(163), 2022. [<color #ed1c24>第83回全国大会 学生奨励賞</color>]
 +  * 青木譲, 山口友子, 小谷穂乃茄, 新井浩之, 小角亜美, 島袋舞子, 兼宗進. 小学校での各教科等におけるプログラミング教育実践の報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(163), 2022.
 +  * 小川賢, 兼宗進, 鈴木大助, 辰己丈夫, 中園長新, 村上祐子. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(162), 2021. (パネルディスカッション)
 +  * 漆原宏丞, 本多佑希, 岸本有生, 兼宗進. 抽象構文木を利用したプログラミング理解度採点の試み. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(162), 2021.
 +  * 本多佑希, 岸本有生, 漆原宏丞, 兼宗進. Web上のデータから表を抽出・整形するWebスクレイピングAPIの提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(161), 2021.
 +  * 長慎也, 岸本有生, 長島和平, 兼宗進, 並木美太郎. Bit Arrowにおける組み込み機器実行機能と,収集データの共有・分析機能との連携. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(161), 2021.
   * 中智宏, 漆原宏丞,本多佑希, 兼宗進. オープンデータを授業利用するためのスクレイピングwebAPIの開発. 情報処理学会, 第83回全国大会, 2021. [<color #ed1c24>第83回全国大会 学生奨励賞</color>]   * 中智宏, 漆原宏丞,本多佑希, 兼宗進. オープンデータを授業利用するためのスクレイピングwebAPIの開発. 情報処理学会, 第83回全国大会, 2021. [<color #ed1c24>第83回全国大会 学生奨励賞</color>]
   * 本多佑希, 漆原宏丞, 兼宗進. 試験問題記述言語DNCLの改定に合わせた「どんくり」システムの修正と検討. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(159), 2021.   * 本多佑希, 漆原宏丞, 兼宗進. 試験問題記述言語DNCLの改定に合わせた「どんくり」システムの修正と検討. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(159), 2021.
行 231: 行 222:
   * 奥本拓哉, 清水智矢, 大村基将, 疋田真一, 兼宗進. フィードバック制御を理解するためのシミュレータとライブラリの開発. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(138), 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17138005.pdf |PDF}}   * 奥本拓哉, 清水智矢, 大村基将, 疋田真一, 兼宗進. フィードバック制御を理解するためのシミュレータとライブラリの開発. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(138), 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17138005.pdf |PDF}}
   * 疋田真一, 兼宗進. 俯瞰カメラと移動ロボットを用いたフィードバック制御系の可視化の試みと評価. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(138), 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17138016.pdf |PDF}}   * 疋田真一, 兼宗進. 俯瞰カメラと移動ロボットを用いたフィードバック制御系の可視化の試みと評価. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(138), 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17138016.pdf |PDF}}
-  * 鎌田敏之, 兼宗進. 時系列計測データを活用する制御プログラミング学習システムの構築. 日本産業技術教育学会, 第34回東海支部大会, 2016. 
-  * 国府大樹, 大村基将, 兼宗進. 9軸慣性計測装置と筋電センサを利用した計測制御教材の提案. 日本産業技術教育学会, 第34回東海支部大会, 2016. 
-  * 大村基将, 林康平, 奥本拓哉, 溝口皓之, 兼宗進. 画像認識を用いるプログラミング学習教材の提案. 日本産業技術教育学会, 第34回東海支部大会, 2016. 
-  * 疋田真一, 兼宗進. 画像計測による移動ロボットの位置制御系の可視化. 日本産業技術教育学会, 第34回東海支部大会, 2016. [<color #ed1c24>ポスター賞</color>] 
-  * 本多佑希, 長慎也, 長島和平, 大村基将, 島袋舞子, 並木美太郎, 兼宗進. JavaScript版ドリトルのタブレットでの利用可能性の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(136), 2016. filePDF [<color #ed1c24>奨励賞</color>] 
-  * 清水健吾, 大村基将, 島袋舞子, 兼宗進. Arduinoを利用した筋電測定システムの提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(136), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16136007.compressed.pdf |PDF}} 
-  * 島袋舞子, 小林史弥, 林康平, 兼宗進. プログラミング課題・作品評価補助システムの提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(136), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16136014.pdf |PDF}} 
-  * 小林史弥, 林康平, 島袋舞子, 兼宗進. プログラミング課題評価補助システムの提案. 2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会, 2016. 
-  * 並木美太郎, 長島和平, 長慎也, 紅林秀治, 兼宗進. 教育用プログラム言語Dolittleが組込みシステム上で稼動する計測制御教材Dolittlinoの開発. 日本産業技術教育学会, 第59回全国大会, 2016. 
-  * 大村基将, 奥本拓哉, 佐々木寛, 鎌田敏之, 兼宗進. ドリトルとArduino互換基板を用いたプログラミング教材 の開発. 日本産業技術教育学会, 第59回全国大会, 2016. 
-  * 兼宗進, 本多佑希, 林康平, 大村基将. 計測制御教材に対応したオンラインプログラミング環境の提案. 日本産業技術教育学会, 第59回全国大会, 2016. 
-  * 間辺広樹, 並木美太郎, 兼宗進. 情報科における「データの分析」教育の役割 〜柏陽IoTと柏陽ビッグデータの取組み〜. 日本情報科教育学会, 第9回全国大会, 2016. 
-  * 鎌田敏之, 兼宗進. 実世界のデータを計測し活用するプログラミング学習活動. 日本情報科教育学会, 第9回全国大会, 2016. 
-  * 長島和平, 並木美太郎, 本多佑希, 兼宗進, 長慎也, 間辺広樹. オンラインプログラミング学習環境のフレームワークの開発とJavaScriptによる教育実践. 日本情報科教育学会, 第9回全国大会, 2016. 
-  * 兼宗進, 本多佑希, 林康平, 島袋舞子, 長慎也, 長島和平, 並木美太郎. オンラインで利用可能なプログラミング学習環境の提案. 日本情報科教育学会, 第9回全国大会, 2016. {{ :kanemunelab:data:jaeis1606jslesson.pdf |PDF}} 
-  * 島袋舞子, 林康平, 井戸坂幸男, 兼宗進. タブレット端末を利用した整列アルゴリズム学習教材の提案. 日本情報科教育学会 第6回研究会, 2016. {{ :kanemunelab:data:jaeisar.pdf |PDF}} 
-  * 武本康宏, 北辻研人, 田邊則彦, 兼宗進. sAccess を用いたデータベースの仕組みの学習とプログラミング. 日本情報科教育学会 第6回研究会, 2016. {{ :kanemunelab:data:jaeistakemoto1603.pdf |PDF}} 
-  * 北辻研人, 武本康宏, 田邊則彦, 兼宗進. コンビニシミュレーションでデータベースの仕組みを体験する. 日本情報科教育学会 第6回研究会, 2016. {{ :kanemunelab:data:jaeiskitatsuji1603.pdf |PDF}} 
-  * 小林史弥, 西川弘恭, 林康平, 島袋舞子, 長瀧寛之, 兼宗進. 情報システム学習を指向したWebベースのツール開発と授業利用の報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134003.pdf |PDF}} 
-  * 長島和平, 長慎也, 間辺広樹, 並木美太郎, 兼宗進. JSLesson 〜 高校生向けJavaScript学習環境. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134016.pdf |PDF}} 
-  * 西ヶ谷浩史, 兼宗進, 紅林秀治. 中学校技術科におけるドリトルを利用した通信プログラムの実践. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134018.pdf |PDF}} 
-  * 佐々木寛, 奥本拓哉, 島袋舞子, 大村基将, 兼宗進. 高等学校共通教科情報における 「ドリトル」×「ロボティスト(スタディーノ)」を利用した授業の実践報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134019.pdf |PDF}} 
-  * 兼宗進, 白井詩沙香, 竹中一平, 長瀧寛之, 島袋舞子, 田邊則彦. データベースを利用した高校におけるプログラミング授業の実践と評価. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134022.pdf |PDF}} 
-  * 本多佑希, 大村基将, 長慎也, 久野靖, 並木美太郎, 兼宗進. Dolittleのオンラインプログラミング環境の開発. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(134), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16134025.pdf |PDF}} 
-  * 奥本拓哉, 大村基将, 佐々木寛, 島袋舞子, 兼宗進. ドリトルとArduino互換基板を用いたプログラミング教材の開発. 日本産業技術教育学会, 第31回情報分科会, 2016. 
-  * 矢野大貴,扇田昌紀,吉田将悟,小枝正直,兼宗進. 利用者投稿によるオープンな時刻表システムの開発. 情報処理学会 インタラクション2016, 2016. (poster) {{ :kanemunelab:data:yano1603.pdf |PDF}} 
-  * 間辺広樹, 長島和平, 長慎也, 並木美太郎, 兼宗進. 高等学校における複数言語によるプログラミング教育の提案〜情報システムの理解を目標としたドリトル,JavaScript,PHPの連携〜. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(133), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16133003.pdf |PDF}} 
-  * 並木美太郎, 兼宗進, 井戸坂幸男, 間辺広樹, 飯野孝浩. 中学生対象の「未来のスーパー科学者養成EPOCHプログラム」におけるCSUとドリトルを用いたコンピュータの仕組みの理解. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(133), 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce16133004.pdf |PDF}} 
-  * 林康平, 西川弘恭, 小林史弥, 間辺広樹, 大村基将, 兼宗進. ラズベリーパイを用いたドリトルでのデータ計測とデータ蓄積サーバの提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(131), 2015. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce15131003.pdf |PDF}} 
-  * 間辺広樹, 大村基将, 林康平, 兼宗進. 課題探究学習での活用を想定したドリトルとラズベリーパイによる計測実習の実践報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(131), 2015. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce15131004.pdf |PDF}} 
-  * 間辺広樹, 並木美太郎, 兼宗進. 小学生向けプログラミング学習教材「まなべー」の開発と教育効果. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(131), 2015. 
-  * 鎌田敏之, 大村基将, 兼宗進. 「プログラムによる計測と制御」概念形成を意識したコースカリキュラムとその評価. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(131), 2015. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce15131010.pdf |PDF}} 
-  * 兼宗進, 長瀧寛之. オンラインでのデータベースプログラム実習システムの提案. 日本情報科教育学会 第8回全国大会, 2015. 
-  * 兼宗進. ブラウザで利用可能なWebプログラム学習環境. 第8回全国高等学校情報教育研究会全国大会, 2015. (ポスター) 
-  * 吉田修梧, 伊藤朱音, 羽生美里, 白方満理奈, 堀内結衣, 間辺広樹, 島袋舞子, 兼宗進. Leap Motionを利用したゲームの試作とユーザーインターフェースの考察. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. [<color #ed1c24>学生奨励賞</color>] 
-  * 根本美由紀, 小澤詩織, 間辺広樹, 島袋舞子, 兼宗進. 高校文芸部による文化祭でのスマホを利用した作品展示の試み. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. [<color #ed1c24>学生奨励賞</color>] 
-  * 島袋舞子, 土田和人, 兼宗進. CSアンプラグドを用いたソーティングプログラム理解教材の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. 
-  * 下倉雅行, 大国航, 島袋舞子, 兼宗進, 村上晴美. 学習分野を考慮したインターネット検索の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. 
-  * 佐々木寛, 島袋舞子, 兼宗進. 高等学校共通教科情報における「ドリトル」を利用した授業の実践報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(128), 2015. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce15128017.pdf |PDF}} 
  
 ===== 受賞 ===== ===== 受賞 =====
行 282: 行 234:
   * 2019.3 大阪電気通信大学 教育活動優秀賞   * 2019.3 大阪電気通信大学 教育活動優秀賞
   * 2018.12 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第147回研究発表会 学生奨励賞: 本多佑希,兼宗進. ブラウザ上で動作するDNCL学習環境「どんくり」の開発.  情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(147), 2018.   * 2018.12 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第147回研究発表会 学生奨励賞: 本多佑希,兼宗進. ブラウザ上で動作するDNCL学習環境「どんくり」の開発.  情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(147), 2018.
-  * 2016.12 日本産業技術教育学会 第34回東海支部大会 ポスター賞: 疋田真一, 兼宗進. 画像計測による移動ロボットの位置制御系の可視化. 日本産業技術教育学会, 第34回東海支部大会, 2016. 
-  * 2016.10 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第136回研究発表会 奨励賞: 本多佑希, 長慎也, 長島和平, 大村基将, 島袋舞子, 並木美太郎, 兼宗進. JavaScript版ドリトルのタブレットでの利用可能性の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(136), 2016. 
-  * 2016.8 情報処理学会 SSS2016 優秀デモポスター賞: 長島和平, 本多佑希, 長慎也, 間辺広樹, 兼宗進, 並木美太郎. オンラインで複数言語を扱うことができるプログラミング授業支援環境. 情報教育シンポジウム(SSS2016), pp.137-140, 2016. 
-  * 2016.8 情報処理学会 SSS2016 優秀論文賞: 間辺広樹, 大村基将, 林康平, 兼宗進. 情報科教育におけるIoT学習環境の利用方法の検討. 情報教育シンポジウム(SSS2016), pp.98-105, 2016. 
-  * 2016.3 情報処理学会 平成26年度山下記念研究賞 「「コンピュータサイエンスフィールドガイド」CSアンプラグドを活用した情報科学学習サイト」 
-  * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞: 吉田修梧, 伊藤朱音, 羽生美里, 白方満理奈, 堀内結衣, 間辺広樹, 島袋舞子, 兼宗進. Leap Motionを利用したゲームの試作とユーザーインターフェースの考察. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. 
-  * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞: 根本美由紀, 小澤詩織, 間辺広樹, 島袋舞子, 兼宗進. 高校文芸部による文化祭でのスマホを利用した作品展示の試み. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会, CE(129), 2015. 
  
 ===== 研究助成 ===== ===== 研究助成 =====
行 297: 行 242:
   * 2017-2019 科学研究費基盤(C)「プログラミング学習の理解度評価に関する研究」(代表)   * 2017-2019 科学研究費基盤(C)「プログラミング学習の理解度評価に関する研究」(代表)
   * 2016-2018 科学研究費基盤(C)「人の真の情報ニーズを汲み取るコンシェルジュ型資料検索システムの構築」(分担)   * 2016-2018 科学研究費基盤(C)「人の真の情報ニーズを汲み取るコンシェルジュ型資料検索システムの構築」(分担)
-  * 2013-2016 科学研究費基盤(C)「プログラミング初学者におけるプログラミング理解過程の研究」(代表) 
kanemunelab/kanemune_papers.txt · 最終更新: 2022/05/07 10:11 by kameta