ユーザ用ツール

サイト用ツール


kanemunelab:kanemune_papers

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新のリビジョン 両方とも次のリビジョン
kanemunelab:kanemune_papers [2021/09/11 06:00]
kameta
kanemunelab:kanemune_papers [2022/04/25 12:34]
kameta
行 1: 行 1:
 ====== 兼宗研究業績 ====== ====== 兼宗研究業績 ======
-2015年以降の業績です。2014年以前は[[kanemune_papers2|こちら]])+2017年以降の業績です。2016年以前は[[kanemune_papers2|こちら]])
  
 ===== 学術論文 ===== ===== 学術論文 =====
 +  * 本多佑希, 岸本有生, 漆原宏丞, 兼宗進. 継承による知識階層を利用したスマートスピーカープログラミング教材の提案, 日本情報科教育学会誌, Vol.14, No.1, pp.29-38, 2021.
 +  * 長瀧寛之, 島袋舞子, 小関啓子, 宝官孝明, 兼宗進. 情報リテラシー科目のオンライン実践と学習活動への影響の評価, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.8, No.2, pp.1-17, 2022.
   * 島袋舞子, 本多佑希, 兼宗進. スマートスピーカーを題材にした高等学校におけるプログラミング学習環境の提案, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.6, No.3, pp.21-31, 2020.   * 島袋舞子, 本多佑希, 兼宗進. スマートスピーカーを題材にした高等学校におけるプログラミング学習環境の提案, 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE), Vol.6, No.3, pp.21-31, 2020.
   * 島袋舞子, 井戸坂幸男, 兼宗進. 小学生を対象にしたプログラミング学習用ドリル教材の開発と低学年での評価, 日本産業技術教育学会誌, Vol.62, No.2, pp.141-149, 2020.   * 島袋舞子, 井戸坂幸男, 兼宗進. 小学生を対象にしたプログラミング学習用ドリル教材の開発と低学年での評価, 日本産業技術教育学会誌, Vol.62, No.2, pp.141-149, 2020.
行 15: 行 17:
   * 兼宗進, 白井詩沙香, 竹中一平, 長瀧寛之, 小林史弥, 島袋舞子, 田邉則彦. データベースと情報システムを学習する授業の提案と実践. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.3, No.3, pp.18-28, 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_tce0303004.pdf |PDF}}   * 兼宗進, 白井詩沙香, 竹中一平, 長瀧寛之, 小林史弥, 島袋舞子, 田邉則彦. データベースと情報システムを学習する授業の提案と実践. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.3, No.3, pp.18-28, 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_tce0303004.pdf |PDF}}
   * 島袋舞子, 林康平, 兼宗進. 拡張現実感を用いたソートアルゴリズム学習教材の提案. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.22, No.2, 2017. {{ :kanemunelab:data:tvrsj22_199.pdf |PDF}}   * 島袋舞子, 林康平, 兼宗進. 拡張現実感を用いたソートアルゴリズム学習教材の提案. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.22, No.2, 2017. {{ :kanemunelab:data:tvrsj22_199.pdf |PDF}}
-  * 間辺広樹, 神藤健朗, 並木美太郎, 兼宗進. コンピュータ・アルゴリズムの「発見・記述・伝達」を導く授業の実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.2, No.1, pp.10-24, 2016. {{ :kanemunelab:data:ipsj_tce0201005.pdf |PDF}} 
-  * 石塚丈晴, 兼宗進, 堀田龍也. 小学生に対するアンプラグドコンピュータサイエンス指導プログラムの実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.1, No.2, pp.19-27, 2015. {{ :kanemunelab:data:ipsj_tce0102004.pdf |PDF}} 
  
 ===== 国際会議 ===== ===== 国際会議 =====
 +  * Yuki Kitamura, Kazuya Hirose, Susumu Kanemune, Tomohiro Nishida and Shizuka Shirai. How Elementary School Students Experienced Algorithms: Using Sorting Algorithms Online Learning Tool. IFIP, World Conference on Computers in Education (WCCE2022), 2022.
 +  * Yuki Honda, Tomonari Kishimoto, Kosuke Urushihara, Susumu Kanemune. Dolittle SS: An AI Speakers Programming Environment for Education. Association for the Advancement of Computing in Education (AACE), Innovate Learning Summit 2021, pp.502-507, 2021.
 +  * Tomonari Kishimoto, Yuki Honda, Kosuke Urushihara, Susumu Kanemune. Connect DB: An Online Learning System for Data Analysis. Association for the Advancement of Computing in Education (AACE), Innovate Learning Summit 2021, pp.532-537, 2021.
 +  * Maiko Shimabuku, Hiroyuki Nagataki, Susumu Kanemune. Development and Evaluation of Programming Workbooks Designed for Elementary School Children. Association for the Advancement of Computing in Education (AACE), Innovate Learning Summit 2021, pp.226-231, 2021.
   * Kazuhei Nagashima, Shinya Cho, Masayuki, Hiroki Manabe, Susumu Kanemune, Mitaro Namiki. Design and development of bit arrow: a web-based programming learning environment. ICETC '18 Proceedings of the 10th International Conference on Education Technology and Computers, pp.85-91, 2018.   * Kazuhei Nagashima, Shinya Cho, Masayuki, Hiroki Manabe, Susumu Kanemune, Mitaro Namiki. Design and development of bit arrow: a web-based programming learning environment. ICETC '18 Proceedings of the 10th International Conference on Education Technology and Computers, pp.85-91, 2018.
   * Yuki Kobayashi, Susumu Kanemune, Shizuka Shirai, Hidenari Usui, Takumi Shimizu. Three Types of Practical Examples of Programming Education at Elementary Schools in Japan. EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology, pp.455-460, 2018.   * Yuki Kobayashi, Susumu Kanemune, Shizuka Shirai, Hidenari Usui, Takumi Shimizu. Three Types of Practical Examples of Programming Education at Elementary Schools in Japan. EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology, pp.455-460, 2018.
行 25: 行 29:
   * Kamada Toshiyuki, Honda Mitsumasa, Kanemune Susumu. Development of Learning Material toward Basic Understanding of Information Systems for Secondary Schools. IPSJ-CE 141 International Conference, Taipei, Taiwan, pp.1-7, 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17141012.pdf |PDF}}   * Kamada Toshiyuki, Honda Mitsumasa, Kanemune Susumu. Development of Learning Material toward Basic Understanding of Information Systems for Secondary Schools. IPSJ-CE 141 International Conference, Taipei, Taiwan, pp.1-7, 2017. {{ :kanemunelab:data:ipsj_ce17141012.pdf |PDF}}
   * Susumu KANEMUNE, Shizuka SHIRAI, Seiichi TANI. Informatics and Programming Education at Primary and Secondary Schools in Japan. The 29th International Olympiad in Informatics (IOI 2017), Tehran, Iran, 2017. [[http://www.ioinformatics.org/oi/pdf/v11_2017_143_150.pdf |PDF]]   * Susumu KANEMUNE, Shizuka SHIRAI, Seiichi TANI. Informatics and Programming Education at Primary and Secondary Schools in Japan. The 29th International Olympiad in Informatics (IOI 2017), Tehran, Iran, 2017. [[http://www.ioinformatics.org/oi/pdf/v11_2017_143_150.pdf |PDF]]
-  * Maiko Shimabuku, Kazuto Tsuchida, Seiichi Tani, Tomohiro Nishida, Yoshiaki Nakano, Susumu Kanemune: An AR Tool for Understanding Quicksort Algorithm. IFIP2015 TC3, Vilinus, Lithania, 2015. (poster) 
  
 ===== 著書 ===== ===== 著書 =====
   * 高等学校検定教科書「新編情報I」, 東京書籍, 2022.   * 高等学校検定教科書「新編情報I」, 東京書籍, 2022.
   * 高等学校検定教科書「情報I Step Forward」, 東京書籍, 2022.   * 高等学校検定教科書「情報I Step Forward」, 東京書籍, 2022.
 +  * 兼宗進, 白井詩沙香. 计算机世界大冒险:泰拉与七贤者. 中国工信出版集団/人民郵電出版社, 2021.
   * 兼宗進ほか. Python入門 プログラミングの基礎から応用まで. 東京書籍, 2021.   * 兼宗進ほか. Python入門 プログラミングの基礎から応用まで. 東京書籍, 2021.
   * 中学校検定教科書「新しい技術・家庭(技術分野)」, 東京書籍, 2021.   * 中学校検定教科書「新しい技術・家庭(技術分野)」, 東京書籍, 2021.
行 57: 行 61:
  
 ===== 解説記事、総説 ===== ===== 解説記事、総説 =====
 +  * 島袋舞子, 兼宗進. プログラミングの基礎知識. 兵庫県学校厚生会. 2022年4月号~(連載中).
 +  * 島袋舞子, 兼宗進. プログラミング・はじめの一歩. 共同通信社. 2020年4月~2022年3月.(沖縄タイムスなど複数の新聞社で連載)
   * 小・中・高でプログラミング教育 楽しく体験して社会とのつながりを理解. 教育家庭新聞2021年2月1日, 2021.   * 小・中・高でプログラミング教育 楽しく体験して社会とのつながりを理解. 教育家庭新聞2021年2月1日, 2021.
-  * 兼宗進. くふうしよう!推理. フレーベル館, がくしゅうおおぞら, 2020年4月号~2021年3月号, 2020.+  * 兼宗進. くふうしよう!推理. フレーベル館, がくしゅうおおぞら, 2020年4月号~(連載中).
   * 兼宗進. プログラミング教育における大学の地域貢献の可能性. 日本教育工学協会(JAET)ニューズレター, No.128, p10, 2019.   * 兼宗進. プログラミング教育における大学の地域貢献の可能性. 日本教育工学協会(JAET)ニューズレター, No.128, p10, 2019.
   * 兼宗進. 高等学校「情報I」の実施に向けた研修への期待. 情報処理, Vol.60, No.8, p.765, 2019.   * 兼宗進. 高等学校「情報I」の実施に向けた研修への期待. 情報処理, Vol.60, No.8, p.765, 2019.
kanemunelab/kanemune_papers.txt · 最終更新: 2022/05/07 10:11 by kameta