ユーザ用ツール

サイト用ツール


kanemunelab:kanemune_papers

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
kanemunelab:kanemune_papers [2019/05/06 14:47]
kameta
kanemunelab:kanemune_papers [2020/07/06 21:37] (現在)
kameta
ライン 1: ライン 1:
 ====== 兼宗研究業績 ====== ====== 兼宗研究業績 ======
-2014年以降の業績です。2013年以前は[[kanemune_papers2|こちら]])+2015年以降の業績です。2014年以前は[[kanemune_papers2|こちら]])
  
 ===== 学術論文 ===== ===== 学術論文 =====
-/*  * 白井詩沙香,​ 長瀧寛之,​ 竹中一平,​ 武本康宏,​ 田邊則彦,​ 兼宗進. 情報システムにおけるデータベースの仕組みを学ぶ共通教科「情報」の授業の開発と評価. 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE),​ Vol., No., pp.-, 2019. */ +/*  * 島袋舞子,​ 本多佑希,​ 兼宗進. スマートスピーカーを題材にした高等学校におけるプログラミング学習環境の提案,​ 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE),​ Vol.6, No.3, pp.xx-xx, 2020.*/ 
-/*  * 兼宗進. 小中高で必修化されるプログラミング教育とそれに向けた研究の紹介. 電子情報通信学会ソサイエティマガジンB*PLUS,​ No.50(2019秋),​ 2019.(解説論文) ​*/ +  * 島袋舞子,​ 井戸坂幸男,​ 兼宗進. 小学生を対象にしたプログラミング学習用ドリル教材の開発と低学年での評価,​ 日本産業技術教育学会誌,​ Vol.62, No.2, pp.141-149, 2020. 
-  * 兼宗進. 学校教育でのプログラミング必修化と情報専門家への期待. 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE),​ Vol.5, No.1, pp.9-16, 2019.(招待論文) ​{{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0501003.pdf |PDF}}+  * 白井詩沙香,​ 長瀧寛之,​ 竹中一平,​ 武本康宏,​ 田邊則彦,​ 兼宗進. 情報システムにおけるデータベースの仕組みを学ぶ共通教科「情報」の授業の開発と評価. 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE),​ Vol.5, No.3, pp.23-34, 2019. 
 +  * 兼宗進. 小中高で必修化されるプログラミング教育とそれに向けた研究の紹介. 電子情報通信学会ソサイエティマガジンB*PLUS,​ No.50(2019秋),​ 2019.(解説論文) 
 +  * 兼宗進. 学校教育でのプログラミング必修化と情報専門家への期待. 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE),​ Vol.5, No.1, pp.9-16, 2019.(招待論文)
   * 白井詩沙香,​ 竹中一平,​ 長瀧寛之,​ 兼宗進. データベース導入学習のためのマンガ教材の開発と評価. 日本教育工学会論文誌,​ Vol.42, No.Suppl., pp.109-112, 2018.(ショートレター)   * 白井詩沙香,​ 竹中一平,​ 長瀧寛之,​ 兼宗進. データベース導入学習のためのマンガ教材の開発と評価. 日本教育工学会論文誌,​ Vol.42, No.Suppl., pp.109-112, 2018.(ショートレター)
   * 鎌田敏之,​ 恩田健司,​ 本多満正,​ 兼宗進. 中学・高校生に対し並行処理を意識させる自動化システム教材の開発. 日本情報科教育学会誌,​ Vol.10, No.1, 2017.   * 鎌田敏之,​ 恩田健司,​ 本多満正,​ 兼宗進. 中学・高校生に対し並行処理を意識させる自動化システム教材の開発. 日本情報科教育学会誌,​ Vol.10, No.1, 2017.
-  * 間辺美樹,​ 並木美太郎,​ 兼宗進, 間辺美恵子,​ 間辺広樹. 意味の理解に着目させる漢字学習ソフト「熟語マニア」の開発と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ 2017. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0401004.pdf |PDF}} +  * 間辺美樹,​ 並木美太郎,​ 兼宗進, 間辺美恵子,​ 間辺広樹. 意味の理解に着目させる漢字学習ソフト「熟語マニア」の開発と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ 2017. 
-  * 長島和平,​ 長慎也, 間辺広樹,​ 兼宗進, 並木美太郎. Webブラウザを用いたプログラミング学習支援環境Bit Arrowの設計と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ 2017. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0401007.pdf |PDF}}+  * 長島和平,​ 長慎也, 間辺広樹,​ 兼宗進, 並木美太郎. Webブラウザを用いたプログラミング学習支援環境Bit Arrowの設計と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ 2017.
   * 間辺広樹,​ 長島和平,​ 並木美太郎,​ 長慎也, 兼宗進. 高等学校における複数言語によるプログラミング教育の提案. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.3, No.3, pp.29-41, 2017.  {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0303005.pdf |PDF}}   * 間辺広樹,​ 長島和平,​ 並木美太郎,​ 長慎也, 兼宗進. 高等学校における複数言語によるプログラミング教育の提案. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.3, No.3, pp.29-41, 2017.  {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0303005.pdf |PDF}}
   * 兼宗進, 白井詩沙香,​ 竹中一平,​ 長瀧寛之,​ 小林史弥,​ 島袋舞子,​ 田邉則彦. データベースと情報システムを学習する授業の提案と実践. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.3, No.3, pp.18-28, 2017. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0303004.pdf |PDF}}   * 兼宗進, 白井詩沙香,​ 竹中一平,​ 長瀧寛之,​ 小林史弥,​ 島袋舞子,​ 田邉則彦. データベースと情報システムを学習する授業の提案と実践. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.3, No.3, pp.18-28, 2017. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0303004.pdf |PDF}}
ライン 15: ライン 17:
   * 間辺広樹,​ 神藤健朗,​ 並木美太郎,​ 兼宗進. コンピュータ・アルゴリズムの「発見・記述・伝達」を導く授業の実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.2, No.1, pp.10-24, 2016. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0201005.pdf |PDF}}   * 間辺広樹,​ 神藤健朗,​ 並木美太郎,​ 兼宗進. コンピュータ・アルゴリズムの「発見・記述・伝達」を導く授業の実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.2, No.1, pp.10-24, 2016. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0201005.pdf |PDF}}
   * 石塚丈晴,​ 兼宗進, 堀田龍也. 小学生に対するアンプラグドコンピュータサイエンス指導プログラムの実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.1, No.2, pp.19-27, 2015. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0102004.pdf |PDF}}   * 石塚丈晴,​ 兼宗進, 堀田龍也. 小学生に対するアンプラグドコンピュータサイエンス指導プログラムの実践と評価. 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,​ Vol.1, No.2, pp.19-27, 2015. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_tce0102004.pdf |PDF}}
-  * 長慎也, 保福やよい,​ 西田知博,​ 兼宗進. De-gapper - プログラミング初心者の段階的な理解を支援するツール. 情報処理学会論文誌,​ Vol.55, No.1, pp.1-12, 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​cej201401dg.pdf |PDF}} 
-  * 長瀧寛之,​ 中野由章,​ 野部緑, 兼宗進. データベース操作の学習が可能なオンライン学習教材の提案. 情報処理学会論文誌,​ Vol.55, No.1, pp.1-12, 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​cej201401db.pdf |PDF}} 
  
 ===== 国際会議 ===== ===== 国際会議 =====
ライン 26: ライン 26:
   * Susumu KANEMUNE, Shizuka SHIRAI, Seiichi TANI. Informatics and Programming Education at Primary and Secondary Schools in Japan. The 29th International Olympiad in Informatics (IOI 2017), Tehran, Iran, 2017. [[http://​www.ioinformatics.org/​oi/​pdf/​v11_2017_143_150.pdf |PDF]]   * Susumu KANEMUNE, Shizuka SHIRAI, Seiichi TANI. Informatics and Programming Education at Primary and Secondary Schools in Japan. The 29th International Olympiad in Informatics (IOI 2017), Tehran, Iran, 2017. [[http://​www.ioinformatics.org/​oi/​pdf/​v11_2017_143_150.pdf |PDF]]
   * Maiko Shimabuku, Kazuto Tsuchida, Seiichi Tani, Tomohiro Nishida, Yoshiaki Nakano, Susumu Kanemune: An AR Tool for Understanding Quicksort Algorithm. IFIP2015 TC3, Vilinus, Lithania, 2015. (poster)   * Maiko Shimabuku, Kazuto Tsuchida, Seiichi Tani, Tomohiro Nishida, Yoshiaki Nakano, Susumu Kanemune: An AR Tool for Understanding Quicksort Algorithm. IFIP2015 TC3, Vilinus, Lithania, 2015. (poster)
 +
 ===== 著書 ===== ===== 著書 =====
-/*  * 兼宗進ほか. ​まず,ここら プログラミング事例集Vol.2, 東京書籍,​ 2019. */+/* 東京書籍「情報I-1」「情報I-2」「技術」「理科」 */ 
 +  * 文部科学省. 高等学校情報科「情報II」教員研修用教材,​ 2020.(分担執筆) 
 +  * 兼宗進ほか監修, 佐々木寛ほか著Scratchとドリトルでじめるプログラミング. 日本文教出版,​ 2019. 
 +  * 兼宗進ほ. Bit Arrowで始める ​プログラミング事例集 Vol.3, 東京書籍,​ 2019. https://​ten.tokyo-shoseki.co.jp/​detail/​112536/​ 
 +  ​兼宗進ほか. Bit Arrowで始める プログラミング事例集 Vol.2, 東京書籍,​ 2019. https://​ten.tokyo-shoseki.co.jp/​detail/​111752/
   * 文部科学省. 高等学校情報科「情報I」教員研修用教材,​ 2019.(分担執筆)   * 文部科学省. 高等学校情報科「情報I」教員研修用教材,​ 2019.(分担執筆)
   * 兼宗進監修,​ 島袋舞子著. ドリルの王様 1,​2年のたのしいプログラミング. 新興出版社啓林館,​ 2019.   * 兼宗進監修,​ 島袋舞子著. ドリルの王様 1,​2年のたのしいプログラミング. 新興出版社啓林館,​ 2019.
ライン 44: ライン 49:
  
 ===== 解説記事、総説 ===== ===== 解説記事、総説 =====
-/*  * 兼宗進. . 情報処理ぺた語義, Vol., No., p., 2019. */ +  ​兼宗進. くふうしよう!推理. フレーベル館,​ がくしゅうおおぞら,​ 2020年4月号~2021年3月号,​ 2020. 
-/*  * 兼宗進. . 学習情報研究,​ 2019年5月号,​ pp.-, 2019. */ +  * 兼宗進. ​プログラミング教育における大学の地域貢献の可能性. 日本教育工学協会(JAET)ニューズレター,​ No.128, p10, 2019. 
-/*  * 兼宗進. 新教育課程で扱われるプログラミング教育. てくテク,​ 教育図書,​ 2019. */+  * 兼宗進. 高等学校「情報I」の実施に向けた研修への期待. 情報処理,​ Vol.60, No.8, p.765, 2019. 
 +  * 兼宗進. ​新課程に対応したプログラミング教育. 学習情報研究,​ 2019年5月号,​ pp.6-7, 2019. 
 +  兼宗進, 本多佑希. どんくりで学ぶアルゴリズム. 学習情報研究,​ 2019年5月号,​ pp.28-29, 2019. 
 +  ​* ​島袋舞子, ​兼宗進. 新教育課程で扱われるプログラミング教育. てくテク,​ 教育図書, Vol.004, pp.2-5, 2019. 
 +  ​80年の情報通信教育・研究の蓄積を生かしICT新時代を生き抜く人税を育成. 週刊東洋経済,​ 臨時増刊 本当に強い大学2019,​ 2019. 
 +  * プログラミングは入試で出題されるのか?,​ 中学受験NaviCo,​ 2019. https://​navico.kusuwara.com/​programming2/​ 
 +  * プログラミング教育はなぜ小学校で始まるのか?,​ 中学受験NaviCo,​ 2019. https://​navico.kusuwara.com/​programming1/
   * 兼宗進. プログラミング教育で「人間とコンピュータの関係」を理解する――必修化の成立に関わった視点から語る意義. EdTechZine, 2018. https://​edtechzine.jp/​article/​detail/​1615   * 兼宗進. プログラミング教育で「人間とコンピュータの関係」を理解する――必修化の成立に関わった視点から語る意義. EdTechZine, 2018. https://​edtechzine.jp/​article/​detail/​1615
   * 兼宗進. 初等・中等教育の新教育課程で変わる情報教育.システム制御情報学会誌,​ Vol.62, No.7, pp.248-253, 2018.   * 兼宗進. 初等・中等教育の新教育課程で変わる情報教育.システム制御情報学会誌,​ Vol.62, No.7, pp.248-253, 2018.
ライン 57: ライン 68:
   * 小林祐紀,​ 兼宗進. 見通しにくい社会にブレークスルーを起こす力を -- 『小学校プログラミング教育』インタビュー. 翔泳社, 2017. [[https://​codezine.jp/​article/​detail/​10110|Web]]   * 小林祐紀,​ 兼宗進. 見通しにくい社会にブレークスルーを起こす力を -- 『小学校プログラミング教育』インタビュー. 翔泳社, 2017. [[https://​codezine.jp/​article/​detail/​10110|Web]]
   * 長瀧寛之,​ 兼宗進. データベース実習を支援するツール sAccess (サクセス). 情報処理,​ Vol.56, No.5, pp.466-469, 2015. filePDF   * 長瀧寛之,​ 兼宗進. データベース実習を支援するツール sAccess (サクセス). 情報処理,​ Vol.56, No.5, pp.466-469, 2015. filePDF
-  * 兼宗進. CSアンプラグドで情報の楽しさを伝えよう. ICT-Education,​ 日本文教出版,​ No.53, 2014. [[http://​nichibun.net/​case/​ict/​e53/​|Web]] 
  
 ===== 講演・研修 ===== ===== 講演・研修 =====
 +  * 情報Iをどう教えるのか コンピュータとプログラミングを中心に. 鳥取県教育センター,​ 高等学校情報研修,​ 2020.
 +  * 小・中学校におけるプログラミング教育の必要性と導入の目的. アーテック,​ みらいの学習教材フェア,​ 2020.
 +  * 小中学校で必修化されるプログラミング教育の連携. 名古屋市家庭科、技術・家庭科研究発表会,​ 2020.
 +  * 兼宗進, 新津勝二. 特別講演:2020年代の情報教育とその未来. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(153), 2020.
 +  * これからの情報教育について. 島田ICTコンソーシアム,​ ICT教育シンポジウム,​ 2020.
 +  * プログラミング教育への期待. 守口市教育センター第4回プログラミング教育推進研修,​ 2020.
 +  * 新学習指導要領で情報科に求められるもの. 北海道高等学校教育研究会,​ 第57回研究大会「情報部会」,​ 2020.
 +  * プログラミング教育への期待. 大阪府教育センター研究フォーラム,​ 2019.
 +  * プログラミング教育の課題と展望. 日本教育情報化振興会,​ 教育の情報化推進フォーラム大阪,​ 2019.
 +  * 兼宗進, 布施泉. 初等・中等・高等教育の連携とその構築に向けて. 日本情報科教育学会第12回全国大会,​ 2019.
 +  * 迫る!小学校プログラミング教育~どう対応するのか?国、自治体、学校からの視点~. New Education Expo 大阪会場セミナー,​ 2019.
 +  * 全体説明「小中校で必修化されたプログラミング教育を概観する」. 情報処理学会第81回全国大会 シンポジウム「小中高で必修化されたプログラミング教育 〜高校は「情報I」「情報II」が新設へ」,​ 2019. (キミのミライ発見,​ 河合塾. (https://​www.wakuwaku-catch.net/​kouen190501/​)
   * プログラミング教育の課題と展望. 日本教育情報化振興会,​ 教育の情報化推進フォーラム総括パネルディスカッション,​ 2019.   * プログラミング教育の課題と展望. 日本教育情報化振興会,​ 教育の情報化推進フォーラム総括パネルディスカッション,​ 2019.
   * 新指導要領におけるプログラミングについてどのように取り組むか. 東京書籍情報教育セミナーin岡山,​ 2019.   * 新指導要領におけるプログラミングについてどのように取り組むか. 東京書籍情報教育セミナーin岡山,​ 2019.
ライン 105: ライン 127:
   * アルゴリズムの指導. 京都府総合教育センター,​ 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズIII,​ 2015.   * アルゴリズムの指導. 京都府総合教育センター,​ 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズIII,​ 2015.
   * コンピュータにおける情報処理. 京都府総合教育センター,​ 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズII,​ 2015.   * コンピュータにおける情報処理. 京都府総合教育センター,​ 平成27年度高等学校情報科指導者養成講座シリーズII,​ 2015.
-  * 情報の仕組みを伝える教育手法. 北海道高等学校教育研究会情報部会,​ 2014. 
  
  
 ===== 口頭発表(査読あり) ===== ===== 口頭発表(査読あり) =====
 +  * 本多佑希,​ 島袋舞子,​ 浅子秀樹,​ 兼宗進. スマートスピーカーのアプリケーション開発を支援するプログラミング学習環境の開発. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
 +  * 長慎也,長島和平,間辺広樹,兼宗進,並木美太郎. オンラインプログラミング環境BitArrowにおけるPython処理系. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
 +  * 兼宗進,本多佑希. 高等学校「情報I」の研修資料におけるプログラミングの言語の扱い. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
 +  * 間辺広樹,長島和平,並木美太郎,長慎也,兼宗進. Cの学習経験を持つ高校生へのPythonの授業導入事例. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
 +  * 島袋舞子,井戸坂幸男,兼宗進. プログラミングの考え方を学ぶドリル教材の提案. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
 +  * 山本大地,本多佑希,島袋舞子,兼宗進. ブロックプログラミング環境を用いたプログラム入力補助機能の提案. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウムSSS2019,​ pp.62-68, 2019.
   * 小林史弥,​ 白井詩沙香,​ 兼宗進. オンライン版ドリトルを用いたデータ分析学習環境の開発. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(2018),​ pp.-, 2018.   * 小林史弥,​ 白井詩沙香,​ 兼宗進. オンライン版ドリトルを用いたデータ分析学習環境の開発. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(2018),​ pp.-, 2018.
   * 間辺広樹,​ 兼宗進. ドリトルを用いた音楽科の授業実践とその学習効果. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(2018),​ pp.-, 2018.   * 間辺広樹,​ 兼宗進. ドリトルを用いた音楽科の授業実践とその学習効果. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(2018),​ pp.-, 2018.
ライン 119: ライン 146:
   * 長島和平,​ 本多佑希,​ 長慎也, 間辺広樹,​ 兼宗進, 並木美太郎. オンラインで複数言語を扱うことができるプログラミング授業支援環境. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2016),​ pp.137-140, 2016. [<color #​ed1c24>​SSS2016 優秀デモポスター賞受賞</​color>​] {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_sss2016020.pdf |PDF}}   * 長島和平,​ 本多佑希,​ 長慎也, 間辺広樹,​ 兼宗進, 並木美太郎. オンラインで複数言語を扱うことができるプログラミング授業支援環境. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2016),​ pp.137-140, 2016. [<color #​ed1c24>​SSS2016 優秀デモポスター賞受賞</​color>​] {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_sss2016020.pdf |PDF}}
   * 間辺広樹,​ 大村基将,​ 林康平, 兼宗進. 情報科教育におけるIoT学習環境の利用方法の検討. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2016),​ pp.98-105, 2016. [<color #​ed1c24>​SSS2016 優秀論文賞受賞</​color>​] {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_sss2016015.pdf |PDF}}   * 間辺広樹,​ 大村基将,​ 林康平, 兼宗進. 情報科教育におけるIoT学習環境の利用方法の検討. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2016),​ pp.98-105, 2016. [<color #​ed1c24>​SSS2016 優秀論文賞受賞</​color>​] {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_sss2016015.pdf |PDF}}
-  * 兼宗進, 高原恭祐,​ 島袋舞子,​ 中野由章. 「コンピュータサイエンスフィールドガイド」CSアンプラグドを活用した情報科学学習サイト. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. 
-  * 伊藤俊亮,​ 紅林秀治,​ 兼宗進. 無線送受信機器を用いた計測・制御教材の開発. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. 
-  * 土田和人,​ 島袋舞子,​ 間辺広樹,​ 兼宗進. ARを利用したCSアンプラグド教材の提案. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. [<color #​ed1c24>​SSS2014 学生奨励賞受賞</​color>​] 
-  * 下倉雅行,​ 大国航, 島袋舞子,​ 兼宗進, 村上晴美. 電子教科書で利用可能な分野判定検索の提案. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. 
-  * 島袋舞子,​ 兼宗進. ドリトル言語におけるLeap Motion対応と教育的利用の可能性. 情報処理学会,​ 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. [<color #​ed1c24>​SSS2014 学生奨励賞受賞</​color>​] 
  
 ===== 口頭発表 ===== ===== 口頭発表 =====
-/*  * 兼宗進, 長瀧寛之,​ 島袋舞子,​ 間辺広樹. 高等学校「情報I」の研修資料におけるプログラミング教育の概要. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(150), 2019. */ +  ​浦上理, 長島和平,​ 並木美太郎, ​ 兼宗進, 長慎也. プログラミング学習者のつまずきの自動検出. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(154), 2020. 
-/*  * 本多佑希,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. スマートスピーカーを題材にしたプログラミング学習環境の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(150), 2019. */+  * 村松浩幸,​ 北澤久遠,​ 兼宗進, 島袋舞子,​ 本多佑希. 視覚障がいをもつ子どもを対象としたプログラミング学習教材の開発. 日本産業技術教育学会,​ 第30回北陸支部大会,​ 2019. 
 +  * 吉田裕行,​ 岡本牧子,​ 日熊隆則,​ 兼宗進, 宮田龍太. スマートスピーカーを用いたプログラミングチュートリアルのシステム開発. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(152), 2019. 
 +  * 岸本有生,​ 杉村浩司,​ 兼宗進. シューティングゲームに特化したプログラミング言語 Connect STG の授業実践. 日本産業技術教育学会,​ 第62回全国大会,​ 2019. 
 +  * 本多佑希,​ 山本大地,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. テキスト記述型教育用プログラミング言語への移行を意識したビジュアル型プログラミング環境の提案. 日本産業技術教育学会,​ 第62回全国大会,​ 2019. 
 +  * 杉村浩司,​ 伊藤由紀子,​ 兼宗進. プログラミング教育における CLIL 授業. 日本産業技術教育学会,​ 第62回全国大会,​ 2019. (ポスター) 
 +  * 小林侑介,​ 山本大地,​ 本多佑希,​ 兼宗進. 指紋認証によるインテグラル錠のスマートロックシステムの開発. 日本産業技術教育学会,​ 第62回全国大会,​ 2019. (ポスター) 
 +  * 島袋舞子,​ 井戸坂幸男,​ 兼宗進. プログラミング思考を育てるドリル教材. 日本産業技術教育学会,​ 第62回全国大会,​ 2019. (ポスター) 
 +  * オンラインプログラミング環境「Bit Arrow」のPython対応. 全国高等学校情報教育研究会,​ 第12回大会,​ 2019.(ポスター) 
 +  * 布施泉, 長瀧寛之,​ 兼宗進. 情報倫理ビデオと組み合わせたデータベースの学習の実践,​ 日本情報科教育学会,​ 第12回全国大会,​ 2019. 
 +  * 兼宗進, 長瀧寛之,​ 島袋舞子,​ 間辺広樹. 高等学校「情報I」の研修資料におけるプログラミング教育の概要. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(150), 2019. 
 +  * 本多佑希,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. スマートスピーカーを題材にしたプログラミング学習環境の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(150), pp.1-5, 2019.
   * 清水健吾,​ 本多佑希,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. ドリトル言語をベースとしたビジュアルプログラミング環境の提案. 日本産業技術教育学会,​ 第34回情報分科会,​ 2019.   * 清水健吾,​ 本多佑希,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. ドリトル言語をベースとしたビジュアルプログラミング環境の提案. 日本産業技術教育学会,​ 第34回情報分科会,​ 2019.
   * 岸本有生,​ 兼宗進. シューティングゲームに特化したプログラミング言語Connect STGの設計と評価. 情報処理学会,​ 第81回全国大会,​ 2019.   * 岸本有生,​ 兼宗進. シューティングゲームに特化したプログラミング言語Connect STGの設計と評価. 情報処理学会,​ 第81回全国大会,​ 2019.
ライン 199: ライン 231:
   * 下倉雅行,​ 大国航, 島袋舞子,​ 兼宗進, 村上晴美. 学習分野を考慮したインターネット検索の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.   * 下倉雅行,​ 大国航, 島袋舞子,​ 兼宗進, 村上晴美. 学習分野を考慮したインターネット検索の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.
   * 佐々木寛,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. 高等学校共通教科情報における「ドリトル」を利用した授業の実践報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(128), 2015. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce15128017.pdf |PDF}}   * 佐々木寛,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. 高等学校共通教科情報における「ドリトル」を利用した授業の実践報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(128), 2015. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce15128017.pdf |PDF}}
-  * 間辺広樹,​ 兼宗進, 土田和人,​ 島袋舞子. ARを利用した視覚障害者用アンプラグド教材の開発と活用. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(126), 2014. 
-  * 井戸坂幸男,島袋舞子,谷聖一,兼宗進. 国際情報科学コンテストBebrasの問題評価と活用の可能性. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(123), 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce14123001.pdf |PDF}} 
-  * 島袋舞子,井戸坂幸男,兼宗進. 国際情報科学コンテストBebrasの問題におけるイラスト作成の報告. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(123), 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce14123002.pdf |PDF}} 
-  * 中雅生,津田康晴,岡村阿里沙,兼宗進. 絵カードを用いた情報量学習のためのCSアンプラグド教材の提案. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(123), 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce14123003.pdf |PDF}} 
-  * 石塚丈晴,兼宗進,堀田龍也. 小学生向けアンプラグドコンピュータサイエンス指導プログラムの実践と評価. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(123), 2014. {{ :​kanemunelab:​data:​ipsj_ce14123006.pdf |PDF}} 
  
 ===== 受賞 ===== ===== 受賞 =====
 +  * 2019.8 日本情報科教育学会 第12回全国大会 優秀実践賞:​ 布施泉, 長瀧寛之,​ 兼宗進. 情報倫理ビデオと組み合わせたデータベースの学習の実践,​ 2019.
 +  * 2019.5 大阪電気通信大学 理事長賞 ICT社会教育センターにおける情報教育分野での社会貢献の活路開拓
 +  * 2019.3 大阪電気通信大学 教育活動優秀賞
   * 2018.12 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第147回研究発表会 学生奨励賞:​ 本多佑希,兼宗進. ブラウザ上で動作するDNCL学習環境「どんくり」の開発. ​ 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(147), 2018.   * 2018.12 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第147回研究発表会 学生奨励賞:​ 本多佑希,兼宗進. ブラウザ上で動作するDNCL学習環境「どんくり」の開発. ​ 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(147), 2018.
   * 2016.12 日本産業技術教育学会 第34回東海支部大会 ポスター賞:​ 疋田真一,​ 兼宗進. 画像計測による移動ロボットの位置制御系の可視化. 日本産業技術教育学会,​ 第34回東海支部大会,​ 2016.   * 2016.12 日本産業技術教育学会 第34回東海支部大会 ポスター賞:​ 疋田真一,​ 兼宗進. 画像計測による移動ロボットの位置制御系の可視化. 日本産業技術教育学会,​ 第34回東海支部大会,​ 2016.
ライン 214: ライン 244:
   * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞:​ 吉田修梧,​ 伊藤朱音,​ 羽生美里,​ 白方満理奈,​ 堀内結衣,​ 間辺広樹,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. Leap Motionを利用したゲームの試作とユーザーインターフェースの考察. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.   * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞:​ 吉田修梧,​ 伊藤朱音,​ 羽生美里,​ 白方満理奈,​ 堀内結衣,​ 間辺広樹,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. Leap Motionを利用したゲームの試作とユーザーインターフェースの考察. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.
   * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞:​ 根本美由紀,​ 小澤詩織,​ 間辺広樹,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. 高校文芸部による文化祭でのスマホを利用した作品展示の試み. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.   * 2015.3 情報処理学会 第129回研究発表会 学生奨励賞:​ 根本美由紀,​ 小澤詩織,​ 間辺広樹,​ 島袋舞子,​ 兼宗進. 高校文芸部による文化祭でのスマホを利用した作品展示の試み. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会,​ CE(129), 2015.
-  * 2014.8 情報処理学会 SSS2014 学生奨励賞:​ 土田和人,​ 島袋舞子,​ 間辺広樹,​ 兼宗進. ARを利用したCSアンプラグド教材の提案. 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. 
-  * 2014.8 情報処理学会 SSS2014 学生奨励賞:​ 島袋舞子,​ 兼宗進. ドリトル言語におけるLeap Motion対応と教育的利用の可能性. 情報教育シンポジウム(SSS2014),​ 2014. 
  
 ===== 研究助成 ===== ===== 研究助成 =====
-  ​* 2019 茨城県「プログラミングエキスパート育成事業」 +  * 2018茨城県「プログラミングエキスパート育成事業」
-  ​* 2018 茨城県「プログラミングエキスパート育成事業」+
   * 2018 大阪電気通信大学教育推進費「「ときめき」と「感動」をつなぐ 「実践」型ロボット・メカトロニクスxIoT教育への試み」(分担)   * 2018 大阪電気通信大学教育推進費「「ときめき」と「感動」をつなぐ 「実践」型ロボット・メカトロニクスxIoT教育への試み」(分担)
   * 2017-2020 科学研究費基盤(B)「技術ガバナンス能力を中核に「社会の形成者」を育成するカリキュラムの教科横断的研究」(分担)   * 2017-2020 科学研究費基盤(B)「技術ガバナンス能力を中核に「社会の形成者」を育成するカリキュラムの教科横断的研究」(分担)
ライン 225: ライン 252:
   * 2016-2018 科学研究費基盤(C)「人の真の情報ニーズを汲み取るコンシェルジュ型資料検索システムの構築」(分担)   * 2016-2018 科学研究費基盤(C)「人の真の情報ニーズを汲み取るコンシェルジュ型資料検索システムの構築」(分担)
   * 2013-2016 科学研究費基盤(C)「プログラミング初学者におけるプログラミング理解過程の研究」(代表)   * 2013-2016 科学研究費基盤(C)「プログラミング初学者におけるプログラミング理解過程の研究」(代表)
- 
kanemunelab/kanemune_papers.1557121677.txt.gz · 最終更新: 2019/05/06 14:47 by kameta