大阪電気通信大学 兼宗研究室

FrontPage

情報科学を楽しく学ぼう

このサイトでは、大阪電気通信大学 兼宗研究室を中心とした、情報科学教育に関する研究成果を紹介しています。小学校から大学までの幅広い教育で利用することを目指しています。
(このページは http://kanemune.eplang.jp または「ドリトル」等で検索してください)

主なコンテンツ

プログラミング学習環境

小中高や大学などの授業で利用可能な学習環境です。

  • ドリトル
    • ドリトルは教育用のプログラミング言語です。
    • 教科書(東京書籍「情報の科学」)、副教材(日本文教出版 ITリテラシー 「Scratch・ドリトル編」)など。

      画像の説明

    • PC版
      • Windows、Mac、Linuxで動作します。
      • ファイルを展開するだけで管理者権限なしで利用できます。
      • 音楽演奏やセンサによる計測(Arduino、ラズベリーパイなど)、外部機器の制御(Artecロボット、mBotなど)に対応しています。
      • データ処理やグラフ描画に対応した追加機能を8月中に公開予定です。
    • Bit Arrow
      • PCのブラウザで学習できます。
      • 作成したプログラムをQRコードからスマートフォン、タブレットで実行できます。
  • Bit Arrow
    • ビットアローはPCのブラウザで動作するプログラミング学習ツールです。
    • ドリトル、学習用JavaScript、簡易Cに対応しています。
    • 授業用のクラスを登録して、生徒のプログラムをサーバーに保存できます。

      画像の説明

  • sAccess
    • サクセスはブラウザでデータベース操作を実習する学習ツールです。
    • SQLによるデータベース操作とPHPによるサーバープログラミング学習環境も用意しています。
    • 教科書(東京書籍「情報の科学」)など。

      画像の説明

情報科学を学ぶ

  • CSアンプラグド
    • コンピュータサイエンスアンプラグドは小学校から大学まで幅広く活用可能な情報科学教育手法です。
    • 英語版の書籍の日本語訳を公開しているほか、日本で作成した授業用のワークシートを公開しています。
    • 2017年7月に絵本が発売!(学研「テラと7人の賢者」)

      画像の説明 画像の説明

  • ビーバーチャレンジ
    • ビーバーチャレンジは小学生から高校生までの児童生徒を対象にした「楽しみながらクイズ問題を考える」形の国際情報科学イベントです。
    • 毎年11月に全国の小中高の授業で実施しています。ぜひご参加ください。
    • 過去問題を公開しています。

      画像の説明

  • CSフィールドガイド
    • コンピュータサイエンスフィールドガイドはニュージーランドの高校生向けのコンピュータ科学教科書です。
  • プログラミング的思考を授業実践
    • 小学校の授業事例集です。(翔泳社「コンピュータを使わない小学校プログラミング教育」)

      klabcs_image/rubyes.png

授業での利用

高等学校

兼宗研究室

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional